スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディー・ジョーカー読了!

 文庫上中下全部読み終わりました。面白かったけど、終わった後に考えることが多い上に、考えるとへこむのでもやもやしました。まぁ、元義兄弟に関しては、半田の言うとおり、次元が違う世界の住人タイプなので、こんだけぶっ飛んでいればどんな設定でも驚かないよ。

 しかし、私一番合田シリーズで好きなの「照柿」かもしれん。あっヤバイ人みたいだ(自分の中で照柿好き→ヤバイ人方程式)ハードのマークス読んだらまた変わるかもしれんが。

 次読むもの~、発掘できたら今野さんの「同期」→図書館で予約した「黄金を抱いて飛べ」の予定。
ちなみに今更ながら今野さんの「警視庁FC」も予約しました。38人待ちでした。
 
高村作品は「黄金」→「神の火」→「リヴェラ」って順に読む予定。お金ヤバイから図書館にしてます。

 以下、ネタバレ感想

スポンサーサイト

続きを読む

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

ケロちゃん

 助手が可愛くて生きるのがつらいことが、何度もあったが22話の助手の可愛さと言ったら言語にし尽せない!
いまさらですが、シュタゲがとうとうクリスルート突入で助手がもう可愛いのなんの。オカリンかっこいいし。
あと2話どうなるのか。あーもう、オカリンのマネする助手は犯罪的可愛さですね。

 おまけに、レディ・ジョーカーが面白くて最高ですね。今文庫の上巻読み終わりました。
でも困ったのは、合田が何やっても可愛く思えてきてる自分が怖い。照柿終盤から、こうなんか同情じみた感情移入が止まなくて。

 ところで照柿の「殴りつけたくなる豚」(合田の自分に対する評価)の迷独白っぷりが忘れられないのですが。自分のこと、ここまで言う人いないよ。すげーよ。
でも、中巻パラパラ見ていたら記者が「その目を見たら、殴りたくなるか、惹きつけられるかどっちか~」云々言ってたので、合田さんの自己評価は的を射ているということだろうか。
そして合田を殴りたくなるタイプの人はみんな犯罪を……なんだか遠い目をしたくなりました。

 そろそろLJサイド出ないかなぁ。記者サイドが一番退屈かなぁ。やっぱ合田視点の方が面白いなぁ色んな意味で。日之出ビールサイドも面白いけど。とか思いながら読んでいます。

 しかしあれだなぁ。刑事がヴァイオリンってミスマッチだなぁ。風呂セットとヴァイオリン持った合田に会ったら、半田みたいに「世界がちげぇー」って気分になるわー。
合田って育ちが良い訳でもないのに、優等生だったせいか本当にインテリ趣味というか上品さが節々滲み出しているよなぁ。それでいて刑事としては優秀で、一見そうは見えないのがまたなぁ。

 しかし元妻と元義兄と3人で読書に花咲かせる学生時代の3人を想像したら、中身も外見も上等な美男美女という麗しい構図だったのだろうか、と衝撃受けた。きっと眼福だろうな見てみたい。
見てみたいと言えば、銭湯で水虫のおっさんとケンカする合田を見てみたいのだが。

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。
感想、コメントは歓迎。お返事します。※ただしお返事はあまりはやくないこともありますのでご了承ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。