スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK WOLVES SAGA -Last Hope- 攻略記② ネッソルートクリア

 【続・メインルートの感想】

 ラスの壮絶な過去編がはじまり、現在のラスがなかなかにひどい目に遭っている!? とか思っていたら今度はネッソがとんでもない目に遭っていて「あれ、これ何ゲー? 乙女????ゲーム??……サド向けゲーム?」とか思っちゃいました。
いや、ネタバレなしで説明すると、攻略キャラが別の攻略キャラをひどい目(主に精神的屈辱)に合わせるシーンが連続して起こったため、別のジャンルのゲームなんじゃないかと疑いだしたという話です。まぁ、私は楽しかったけどね! ラスは可哀そうですが、ネッソみたいな心身ともに強いタイプはいじめたい派の私!
あとびっくりしたのは、乙女ゲームで嘔吐シーンなんて描くもんなんだなーってこと。

 あと結構な割合で、視点が主人公から別キャラになるのが意外でした。
乙女ゲームはずっと主人公視点なもんだと思っていました。
というか、フィオナ(主人公)以外の視点の時の方が面白いんですけど(こらー)
彼女が一時ドロップアウトして、ネッソ視点ばかりだった時とかすっごく楽しかったです!
あとはほぼ作品の主人公であろう扱いのラスは物語の本筋だけあって面白いんですよね。
これラス主人公の方が面白いんじゃないか(※それは乙女ゲームではありません)

 あとギランが予想外のキャラでした。一匹狼の自分至上主義系のキャラかと思ったら、まさかのご主人様や家族などが欲しいタイプだとは。なるほど人気なだけあって、これは仲良くなったら愛着沸きそうなキャラだなぁと思いました、

 メヨーヨの事情はなんとなくわかりましたね。なるほど(以下、ネタバレ情報&疑問)メヨーヨの元婚約者が従姉だからフィオナに似ていたと。でも彼女はアルルのことが好きになってしまったと。 この分だと彼女を殺したのはメヨーヨっぽいですね。
メヨーヨがアルルに刃を向ける→彼女がアルルを庇う→メヨーヨが彼女を殺す→アルルがメヨーヨを傷つけ逃走って流れかな。

 ふむ。これはアルル籠絡するのはちょろそうですね!
もしかしてアルルによる誘拐未遂がなんか生ぬるい感じだったのは似てて手心加えちゃったのかな?

 ロベイラ種だからフィオナを求めていたのは狼種の方でしたね。
しかしまだゾディバのことや狼種のことは良く分からないなぁ。
ロベイラ種の血を摂取しないと狼種は滅びるって話でしたが、これは狼種限定なのかな?
たぶん血を摂取することにより病の進行が止まるってことだと思うのですが、そもそも人を襲うのは狼の本能っぽいんですよね。そうなると不思議なのは10年前よりも更に前まで狼種と他種が仲良くやっていけていたらしいことですよね。
元々他種を襲う習性があるならもっと前から差別や迫害がありそうなんですけど。
その辺は狼種編で分かるかな。

【ネッソルート感想】

 ネッソお兄ちゃん攻略しました。うわーBAD容赦ない! 乙女ゲーでも容赦ないですね。流石にCGはないか(グロで18禁になるわ!)

 ってことでエルザルートが解放されました。でも次はザラの予定です。家族ルート→猫種ルート→狼種ルートにしようかな? いや、ルートのこと良く分かってませんが、途中でムービー流れたときは「えっここでバッドED!?」とか思っちゃいましたし。どうも家族ルート(ネッソ、ザラ、パール、リッチー、エルザがこの分類)に入ったので流れたようでした。

 しかし、ネッソルートはあっさり王子死ぬし、狼種の諸々も放置だし、ラスのことも分からないしと、本筋から外れた感じでしたね。この分だと家族ルートは全部そんな感じっぽいです。

 ネッソ自体は好きなキャラだったのでなかなか楽しめました。
ネッソって妹命な割に、すっごい人望厚くて好かれてましたねー。本人も妹のことしか考えてないのにそういう上に立つような役割を熱望されて困ってましたしね。そういうの弁えていて、これだけ人望あるからネッソは指導者に相応しいのかもしれないなーとだんだん思えてきました。

 個人的に、ネッソを侮辱されてプライド傷ついたザラとエルザのシーンが好きです。「安いプライドで悪かったですね」「安いプライドで悪かったな」このコンボ(微笑しい)
ザラにとってネッソは友人であり仕える主。エルザにとっても友人であり上官。
普段は気安い友人関係ですが、根底には自分が誇りを持って尽くすに価する『尊敬』があるのが見えてくるのが良いですね。ここ見てネッソの人柄って本当に良いんだなぁと感心しました。この3人組良いなぁ。

 クリア後に「スペシャルボイス」と「グルーミング」いうおまけがあるのですが、これがなかなかに愉快な代物でした。スペシャルボイスは、エンディングについて自分の気持ちを述べていたり、他キャラについてコメントしたりと真面目なものもありつつ「語尾にアニマル」ってボイスがすこぶる楽しかったです。「俺が言っても可愛くないだろ!」とかやけっぱちでにゃんにゃん言うネッソは私のサド心をたいそう満たしてくれました。可愛くないから良いんじゃん。嫌々恥ずかしそうにやるから良いんじゃん!
それと猫種兄妹なネッソ&フィオナを想像したら『良い……ッ』と震えました。似合うと思う。

 グルーミングは、逆に私が恥ずかしい思いをしましたよ!
というかネッソは人間種だから余計にただのセクハラだっ!
まぁ、クリックしてスキンシップして相手を喜ばせるシステムです。つまり男側的に見ると好きなおんにゃのこがベタベタしにきてくれてるってシチュエーションな訳だ。最初良く分からないでネッソ怒らせてました。
最終的に「あれだろ、どうせキスすれば喜ぶんだろ?」とか思って実際にカーソル持って行くと、超照れる!(私が)流石の私もこれは恥ずかしい。クリックしてるだけなのに恥ずかしい。世の中恐ろしいね。
のちのちそうじゃないかと思っていた恐ろしい事実に気付くのだがそれはまた今度。

【以下ネタバレ感想

 私は記憶喪失のネッソの方が好きだな! 難易度高い男子が好きです。あまりそういう相手にされてない方が燃(萌)えます。むしろ、妹よりも部下になりたい。部下になって信頼されたいなー。そして妹を溺愛している様子をそっと見守るの。相手されなくても良いんだって心に思いながら。派手な見せ場があって死ねたら良いな(何を言ってるのか良く分からない)

 それにしても最後はちょっとビックリしましたね。一瞬悩んでしまったのですが、記憶喪失は嘘なのは確定ですよね。
「記憶を失えば兄として見れると思って」というのが理由のように語られる一方で「どんなことがあってもお前を渡さない。俺のものだ」というネッソの意志も感じます。
うん。実際に、押してダメなら引いてみろ戦法っぽい展開なので、私は後者が記憶喪失のフリの本当の理由のように感じましたね。

 そういえばネッソとフィオナが血繋がってない事情は明かされませんでしたね。PC版でやったのかな?父上が血が繋がってなくても可愛い子供と言っているからどちらも連れ子?
うむ分からん。





 追記:ザラ、メヨーヨ、オージェルートクリア! また次の機会に感想書きます。
簡単に思ったこと:やっぱりネッソが好きだーー! あれ、メヨーヨ可哀そうなんですけど。というかメヨーヨBADが私のハートクリーンヒットでした。PC版もこんな感じなの? 私PC版欲しいわー。ユリアンずるい! 攻略できないとかずるい! おのれこれはPC版買えと言う陰謀だな! ユリアン攻略したいよ! ユリアンユリアン! あの二人にどんなひどい目あってたの!(ワクワク)

theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

平グモちゃん―戦国下剋上物語― 総評

「平グモちゃん―戦国下剋上物語―」(ライアーソフト)プレイしました。
※みんな最初にパッチあてないと音声でないから注意ね!(私は最初ビビったよ。仕様かと思ったよ)

【だいたいの内容】

 戦国時代。「将軍弑逆」「大仏放火」「主家乗っ取り」の三悪を成し遂げ、火薬を使って自害した日本初の自爆大名「松永久秀」を主人公にした戦国時代ゲーム。馬鹿ゲーっぽいけど、意外と中身はマトモに戦してます。

 前妻に男と一緒に財産持ち逃げされて腐抜けていた商人・久ちゃんに、これじゃあだめだと案じた弟と兄貴分は、
名士・武野紹鴎の娘であり久ちゃんに前々から懸想していた楽ちゃんとのお見合いを画策。
ところが久ちゃんその席で、楽ちゃんの姉である平グモちゃんに一目ぼれして求婚。フリーダム娘の平グモちゃんは久ちゃんがマトモじゃないと判断。正気に戻るまで仮奥さんしてあげるよと、同情。ところが腐抜けていたせいで仕事がない久ちゃんは、弟のつてで三好家に仕官する事になる。そこで当主の三好長慶に気に入られた久ちゃんの波乱万丈戦国戦人生がはじまるのだった――(※選択肢によって武士にならなかったり、楽ちゃんと結婚したりするけどね♪)

そしてこのゲームは、※18禁美少女ゲーム……のはず。

 というのも、エロゲでも美少女ゲームでもねぇよ! とツッコミたい気持ちでいっぱいなゲームでした。
まず、戦国時代なので戦国武将まみれです。つまり男キャラまみれです。
武将女体化とか一切ないです。女性キャラは、ヒロイン5人+2人だけです。
そしてエッチシーンはヒロイン+αで各1回だけです。おかしいよね!? (例外的に聚楽2回だけど)
しかも描写あっさりだし、お耀様に至っては最後までしていない(驚愕)
なんでお耀様2回目ないんだよ! あと他キャラも子供とか欲しいから「毎晩励んでるよ☆」って文章上では書いてあるのに肝心のシーンそものは1回め以降省略ですよ!

 いくら私がエッチシーン長いと飽きて飛ばすからって、あるべきシーンがないと文句言っちゃいますよ!
全員、2,3回はエッチシーン盛り込めたシナリオだったのに、なぜ省いたし!

 でもって、このゲーム。正史ルートと各ヒロインルート(偽書ルート)があって、それはもう歴史IF物語が展開するんですが、ヒロインルート短いんですよ! 恋愛イベント少ない!
本当にもったいないです。良い夫婦だったり、いいEDだったりするのに、恋愛イベント少ないから「あぁあもっと色々絆深めるイベントとかラブラブイベント見れたらもっと感動するのに!」とか思っちゃうんですよー!

 正史ルートとメインヒロイン・平グモちゃんルートも、平グモちゃんとの恋愛イベントあんまりないんですよー。ひたすら男連中と戦に励んでいました。いや、平グモちゃんはキャラ立ってたしいい奥さんだったけど、もっと平グモちゃんイベントが欲しかったんです!

 あと主人公が悪化するのに、エロエロ展開とかなかったよ! 悪逆非道なエロ展開ないとかどういうこと!
いや、悪化しても平グモちゃん溺愛しているところとか非常に萌えるのですが、全然エロゲじゃなかったなー。

 そんな不満があったのですが、面白いことは面白かったです。でも「もっと面白いゲームにできたはずなのにー!」とか「物足りないよー! 主に恋愛イベントがー!」と、ヒロインが魅力的だったのでとっても惜しいゲームでした。

【話の流れ】

 ゲームの流れは、「松永久秀」こと久ちゃんが「選択肢」や「評定」(内政・軍事などのパラメーターで展開が変わります)によって武士になるもよし、商人になるもよし、下剋上するもよし、個人の幸せ求めるもよし、天下を求めるもよし、自爆するもよし、な愉快なゲームです。
また、久ちゃんはルートによって『悪』化して、悪逆発言繰り返すようなキャラになります(でも本人悪役のつもりはないらしい。あと意外に良い人っぽいときもあるし愛妻家だし昔の面影はある)
悪化してないと、心労で「お腹イタイ」とかよく言ってる優しい穏やかなタイプの主人公です。

 EDいっぱいあるのは楽しかったです。でも「このED続きほしいー!」ってものありました。
やっぱ天下統一は燃えます。

「好きED」(ヒロインルート以外で)
まさかのほのぼのED「本能寺の変」とか、燃える展開である「天下の分け目」とか、三好家安泰ED「有馬権現の加護」とか好きです。

 ヒロインルートは全部好きです。全部いいEDじゃないですか。
あえてヒロインひとりひとりで選ぶなら――。

平グモちゃん「生きている……ということ」
→当然これ! もう私平グモちゃんルートで回避するすべがないかと思い込んでいました。良かった。良かった。

楽ちゃん「コンニチワ」
→悩む。逆も好きなんです。でもあっちは良い夫婦EDこっちは良い家族EDなので、二人より三人を取ろうと思います。楽ちゃんルートは良い家庭なところが魅力的でしたね。

お耀様「皆が望んだ平穏なる世」
→義輝好きとしてこっちだな。でもCP萌えとかほのぼのならもう一個のEDの方も良いですよね。お耀様結局あっちのEDでも文句言っても別れたりはしなさそうだなーと思いました(にこにこ)お耀様ルート&EDは他キャラより比較的平穏な展開なのが良い。

来栖「久秀、立つ」
→これ見たら久秀×来栖CP本当好きになってしまいました。このEDの久ちゃんは城主としても旦那としても良い男でした。あと来栖が久ちゃん本当に好きだってやっと信じた(疑い深い私)しんみり。思い返すとこれが一番好きなEDかもしれません。来栖ルートはヤバイEDと悲しいEDという両極端っぷりが面白かったです。あとお二人の息子さんの顔見せて! 絶対金髪美形だぜ。すごい見たい。

聚楽「夜空を駆け抜けた雌豹」
→当然これ! 大好きですこのED これじゃあ聚楽嫌いにはなれないよ(笑)とんでもないギャグEDでした。

「好きルート」

お耀様ルート
(お耀様はちょっと残念なのですが義輝&道さんスキーとして満足だし。展開は面白かったんですよ)
楽ちゃんルート(家庭円満人生って良いですよね)

「好きヒロインランキング」

平グモちゃん(断トツで個性的で魅力的でいい奥さん! 大好き!!)>>>>>>来栖(なんかもう好みでした)>>>>>>>聚楽(好きだけどヒロインじゃなくてこいつネタキャラだし・笑)>>お耀様(ルートでの彼女の魅力がイマイチで)>>>楽ちゃん(すまん。彼女もかなりいい奥さんなのですが私の好みではあまりなくて)

 私は、平グモちゃんと来栖が特にお気に入りです。

おまけ「平グモちゃん語り」

 平グモちゃん大好きなのでここでキャラ語り! 平グモちゃんすごいサバサバしていて、下手したら情がないように思われちゃいそうな位シビアなんですが、並外れた部分と普通の人間らしい部分が丁度いい塩梅で同居しているような娘だと思いました。フリーダムで好き放題言うお気楽じゃじゃ馬娘と見せかけて、寸刻まで仲よくぎゃーぎゃーわいわいしていた相手を「今殺しちゃわないと将来邪魔になるから殺しちゃおう!」とか勧めてくるその胆の座り具合と、見た目に反する頭の良さに惚れます。
でも何より平グモちゃんのような自由人に想われるまでになったらたまんないです。「水入らずな二人」EDも正史ルートEDも平グモちゃんルート「大爆発」EDも、いつまでも久ちゃんの意志に殉じてくれる平グモちゃんが泣ける。また、平グモちゃんは実は彼女が手腕振るえば天下とれちゃうってところがミソなんです。
そんな力があるにも関わらずに、彼女が「久ちゃんの意志に任せるよ」と笑顔で言ってくれる幸せ。私は果報者だ。
あぁ平グモは本当にいい奥さんでした。平グモちゃんに「好き」って言って貰える幸せ。抱きしめて照れる平グモちゃん。平グモちゃん可愛いよ平グモちゃん。
ところで義賢が「久秀殿の子ですからさぞかし可愛らしい子でしょうな」久秀「やや、どちらかといえば妻に似て可愛いですよ」という会話をしていてウケました。義賢的に見て、平グモちゃんに似ているより久ちゃんに似ている方が娘は可愛くなると思ってるのか――。うん。そう思うのも仕方ないか。でも普通は奥さんに似て可愛いって言うよ。言ってあげてよ!(笑) 

――他ヒロインは追記で語ろうと思います。

「好きCP」

久ちゃん×平グモちゃん
(やはり久ちゃんの溺愛っぷりとその気なかった平グモちゃんが最後には久ちゃんのこと好きになっているってのは良い。もっと恋愛描写欲しいよ!)

久ちゃん×来栖(見た目がすごい好みなんです。あと来栖EDは切ないのが多くて、ちょっと来栖の愛を疑っていたのですがその純愛っぷりにはやられました。あと息子絶対美形←しつこい)
 楽ちゃんとも良い夫婦で良かったです。

 久ちゃん×平グモちゃんは、聚楽ルートの「振られたら戻ってきても良いよ」にノックアウトされました。
平グモちゃん違うんだあんな女好きでもなんでもないから!(しかもこれマジ話という・笑)
平グモちゃんが久ちゃんにぞっこんなのが垣間見えてたまらなかったです。

「好きキャラ」(ヒロイン以外)

松永久秀
(やっぱり主人公・平グモちゃんLOVEなところもやる時はやるところも普段の謙虚で庶民的なところもお腹痛めてるところも全部好きです。久ちゃーん!)

足利義輝(わがまま坊ちゃん将軍。自業自得のところも多いけれど、嫌いになれなかったなー。良い子とは言い難いけど可愛がりたくなる子でした。あと彼を討つ時が――うぅツライ)

明智光秀(このあふれ出る薄倖オーラがツボでした。久ちゃんとすごく良く似てます。光秀をコロコロ手のひらで転がすEDとか、ほのぼの本能寺の変とか、楽ちゃんルートは許さんぞ! とか、さり気にEDの印象深いキャラですね。平グモちゃんや信長に蹴っ飛ばされたりしかりつけられたり散々な扱いを受けているところも好きです)

道さん(久ちゃんの兄貴分で、腑抜け時代もかいがいしく面倒見てくれました。ちなみに作中一のイケメンというデザイン設定があるらしい。こんな良い人なので、お耀様ルートでやっと生き残ってくれたときは「ヤッター!」ってなりました。楽ちゃんルートとか本当につらかった。これは好きにならざる得ない)

高山親子(別名:愛親子。二人を見てると元気出ました)

柳生石舟斎(平グモちゃんとのコンビが良かったです。真面目ヴァージョンもヘラヘラヴァージョンも好きです)

三好冬康(最初、正史&平グモちゃんルートで嫌われていたのでこっちも好きじゃなかったのですが、楽ちゃん&お耀様ルートで仲良くなったら好きになっていました)

 あとは、ノブリンこと織田信長、平グモちゃんor楽ちゃんとの間に出来る娘である茄子たんもカットんだ良いキャラしてましたね。落雁ことも平グモちゃんとの絡みのせいで好きになりました。

【総評】

 夫婦&愛妻家スキーの私にはなかなかたまらないゲームでしたが、何度も言うように恋愛イベント足りない!
ヒロインルート短い! せめて平グモちゃんだけでも恋愛重視してほしかったです。エロないんだからせめていちゃいちゃしようよ!
でも平グモちゃんは本当に魅力的なヒロインでした。大好き!
久ちゃんもとんでもない愛され主人公でしたね(主に男に)信長の「ノブリンって呼んでくれないと切腹する!」と久ちゃんに駄々こねたシーンが忘れられません!
サブキャラも愉快な人いっぱいで良かったです。
あまりオススメってほどのゲームでもないのですが、エロゲ&美少女ゲーっぽくないので、そういうのが良い人にはやってみてもいいと思います。私としては好きなことは好きだしなかなか楽しいゲームでした!

以下、平グモちゃん以外のヒロイン語り(ネタバレ注意)

続きを読む

theme : 美少女ゲーム
genre : ゲーム

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。