買い捲った色んなライトノベルの1巻感想。

「境界線上のホライゾンⅠ 上」川上稔 電撃文庫

 まだ上巻なので評価はなんともいえないのですが、下巻の評判通りなら最終評価は良いセン行くと思います。
上はキャラ紹介+伏線で、起承転の「転」が始まったばっか、のような感じなので。

 あらすじとしては、特異な世界観(ウィキとか本のあらすじ読んでください)の中で主人公である総長兼生徒会長の葵・トーリが、ある少女に告白するとみんなの前で宣言する。この告白を受けて周りの人々は喜びと何やら覚悟の様なものを抱いたようで、この不思議な反応は上では明かされない。幼馴染のような関係のトーリと学友達とは違い、一年前に学校に来た副会長の正純は、まだ完全に馴染めずにいる。やがて「後悔通りの石碑に名を刻む『ホライゾン・A』と言う少女とは?」「何故、無能が故に総長に選ばれた葵・トーリがこうまで学友だけでなく住人に支持されているのか?」の疑問に踏み込んでいく。そして、不審な動きを示していた三河が動き出した時、世界の運命を大きく揺るがすことになる。(たぶん)

 葵姉弟が馬鹿かわいいよ。上だけでは、トーリまだ動いてないからどうなるのかなぁ。この展開で、戦争に巻き込まれるのは分かるんですが、告白しただけでもトーリは皆に迷惑かけると言ってたのがよく分からないんだよな。
まさか三河の計画を知ってた訳じゃないだろうし。
正純のフリやあの反応からして、トーリと皆は戦争する覚悟は決めてたようには思えるけど。うーん。

 きゅんとしたのは、四天王のおっさん達だな。榊~それ死亡フラグ! とか思ったら案の定orz
でも一番感動的なのは、鹿角と忠勝! うわぁ、この夫婦ったらもう色々な意味で胸を締め付けるやりとりばかり。
夫婦と言えば、宗茂と! ビジュアルが残念、いやあまり好みじゃないのですが、私この夫婦好きで好きで。
両夫婦とも奥さんが冷静そうな顔で旦那愛してるんだもんデレってくれるんだもん。
この作品、まさかの夫婦好きキラーだったわ。

「神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎」あざの耕平 GA文庫

 珍しくモモみたいなタイプなのに、可愛いなぁと思えた。しかし何より男性陣のキャラが魅力的で、サリエルとコジが大好きです。いいなーサリエルのキャラ。傍若無人で偉そうなのにたまに凄い馬鹿っぽいし卑小になるし。
何より普通なら、素直な性格のキャラが音楽は楽しむものだ! みたいな主義主張で行動するものなのに、サリエル自身の性格がゴージャスな貴族趣味なのに、音楽的才能が大衆の心を掴むようなエンターテイナーって矛盾が面白い。
その屈折を抱えつつ、音楽の楽しさを示そうとするから良い具合に、音楽の両面の良さ(純粋に高度な古典音楽と誰が聞いても楽しい音楽)を主張できて深みがあるんだなぁ。

 でも1話が一番面白くて後は面白いけどそれを上回らないし、まぁ2巻はいいかなと思ったのですが、バイト先に売ってたので休憩中に読んだら表題作面白かった。
あとこの人の女性キャラって古臭い気がひしひしする。おてんば娘って一昔前の表現だろ。なんて。

「GENEZ 1」深見真 富士見ファンタジア文庫 
 
 フルメタっぽいとか言ってたが、なんと言うか、上手く言葉に出来ない。
少なくともセルジュ一人ファンタジー。と言うか、近未来兵器のSF路線かと思ったら、ファンタジーでがっくりだった。
うーん、美味しそうな設定に思えるが、食ってみたら思ってたより味気なかった料理みたいな。
今後料理上手になれば面白そうではあるんだけどな。つーか、妹の性格の悪さと言ったらない。
ブラコンはセオリーとして、最終的に彩離たち見直したんだろうけど、ちゃんと彼女達を見直す描写いれないと涼羽のイメージ悪いままだって。涼羽メインに思わせて、最終的にお姫様成長物語になってたから中途半端でアレなんだよな。うーん。2巻期待したいけど、私は1巻あんま面白くなかったです。

「レンズと悪魔 Ⅰ」六塚光 角川スニーカー文庫

 この人の前作「タマラセ」の評判高いんですよねー読みたいなーと思ってたのですが、売ってたのはこっちでした。
いやこっちも読みたかったけど。読み終わったら「普通のファンタジーバトルでそこそこ楽しめたかな」って感想でしたが、ウィキペディアでちょっとネタバレ見ちゃったら、とんでもない展開になってて胸がどきどき。
一巻の時に「願いの為には失う覚悟がいる」ってフリはあったけど、この予告どおりの展開になるなら読み進めたいかなぁ。結構巻数出てるけど。
 それにしても、魔神さんたちが凄い人間臭かった。むしろ人間以上に人間として出来てるんじゃないか。予想外にアギもルナもいい人だった。

 今、ギャルゲヱの世界~読んでる。あとされ竜ガガガの6巻ももうすぐ終わる。され竜面白いじゃん。私は、ちゃんと日本語になってるガガガ版の方が読みやすくて好きだけど、前からのファンは角川派が多いんですよね。と言うか、6~8買ったので2~5巻買わないと。

今の所、最近読んだライトノベルの面白かった順は、

ガ3のされ竜6(まだ読み途中だけど今の所一番読んでて面白い)>覇者の三剣1(別に話はありがちだけど、読みやすくて先生いじめと中二病っぷり楽しい琴美可愛い補正で)>ホライゾン1上(下巻読んだら少なくとも3剣は超えると思うけど)ポリフォ・サリエル1(まぁここら辺先2つと本音言うと大差ないけど、コジとサリエルコンビがもっと見たい)>角川され竜1(なにぶん読みにくくて日本語になってないから補正でこんぐらい)>レンズと悪魔(作風としてはキラリとするものがあって好印象だけど今の所普通のファンタジーなので捻くれ変人として見てはこんな位置)>GENEZ1(今の所一番ハズレかなって)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索