スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシテミル

 おぉ。終わりの四分の一から面白くて熱中して読んでしまった。なので久しぶりに真面目に感想。

「インシテミル」米澤穂信 文春文庫
 
 あらすじは、アホみたいな時給の求人広告にホイホイされた人達が、実験として閉じ込められて、人を殺した<犯人>はボーナス出るよ! 探偵や助手や被害者にもボーナス出るよ! とか言われてふざけた構造の部屋に一週間過ごさなきゃならなくなったって話。

 クローズドサークルに古典的ミステリ仕立て(まぁ私も全然詳しくないけど)と物々しい割りに米澤さんだからか読んでいて口当たりが良いです。終盤の手前は、なんかメタでライトチックなのが可笑しかったです。
だって主人公があぁいう状況だと、彼視点で読んでいる読者は気が抜けちゃいますよね。
むしろ、小市民シリーズ読んでいるからか、米澤さん主人公だなぁとか思っちゃいました。
主人公は、ちゃんと暢気な一般人でいながら、異常に暢気でもあるんだよなぁ。

 ダメだ。ネタバレナシに語れそうもないや。とりあえず私の推理で当たっていたのは、西野がガードに殺された件と、タイプライターで殺害道具の偽装メモが作られていた(でも化粧品で薬とかまでは考えなかった。既存の武器かと思っていた)の2つでした。
私の様な非理論的な人間としては、ここまで当たっていれば十分上出来だな。

 そうですね。読んでいて楽しかったので、オススメしたいです。それほど凝ってないし、難解でもないので読んでいて疲れないし。それでいて十分、ハラハラするし。終盤が作者個性的なノリで良かったと思います。

 そんで、ネタバレなしな感想として、最後に一言!

 先生、続編読みたいです! あと是非、四大ミステリ倶楽部の詳細をプリーズです! 登場人物関連に謎を残しているので知りたいです!

以下、ネタバレ感想。(登場人物の謎やら背景を考察してみたが、さっぱり分からない)



 読み始めてから最後まで須和名さんが、探偵かラスボスかで戦々恐々としていたら、ラスボスだったよッ!!

 いやー、彼女怖かったですね。てっきり彼女はラストでエグイどんでん返しでもやらかすかと思っていたら、まさかこんなオチだとは思いませんでした。
箱島より須和名さんの方が心許せないよ。主人公は、美人なので舞い上がっているけど、一応理論的に彼女が犯人じゃないと判断しているし、世界が違うと察しているから、まだ感情移入する相手として読みやすかった。
これで馬鹿みたいに、須和名さん賛美しだしていたら、馬鹿男過ぎて到底読めなかったよ。

 生理的にこの手の女(同性)キャラは無理です。渕さんが、ムッとしていた時は彼女に「ですよねー。同性だとまずこの手のタイプ無理ですよねー」って思った。でも若菜相手で啖呵切ったのには拍手したい。
あの時の若菜と比べたら須和名さんの方が良い女だけど。――見下しなれている女。ガタガタブルブル。

 逆に、関水は可愛かったな。自分的に、ヒロイン関水って思っていたらラストがあぁだったので、ちょっとヨッシャー! って思ってしまった。ライトノベルとか漫画だと主人公がお金譲った行為は、ラブフラグ立つけど、ミステリだと死亡フラグにもなりかねんなぁ。
結局、お金必要な理由が良くわからなかった。ラストでナイフ持って行くのはナンデー? こ、怖いよ。。

 そうそう、大迫と箱島はなんで仲良かったの? 大迫は若菜以外の知り合いはイナイって言っていたけどさ。
なんか中盤ぐらいから、二人できてんじゃないかと思っていたよ。いやいや、ミステリで結構あるぞ。男相手の男の愛人やらレズの痴情のもつれやら。
作者は、そういうミスリードも狙っていたっぽいよね? できていたら、凶器はともかく、若菜が二人殺した動機になるよね。わははは。

 早々に退場した真木さん。私、実は彼の事結構好きだったので残念でした。ホラ、超然としていてイケメンで性格も悪くないんだぜ。運は悪かったが! あ、なんか余計好きになってきた。
この人にも謎がある。「他殺体を見るのが始めてじゃない」と言って、うんざりしている。
刑事なのかなーとか思っていたけど結局良く分からない。もしかして作者の他作品に本人が出ていたり、兄弟従兄弟やらが出ていたりするのかなーと思った。誰か知っている人いませんか?
しゃがんでいた理由も何でだろうね。靴紐なんかないから解けないし。何か堕ちていたのを拾おうとしたか落したかだろうね。これも最後まで関係なかったよね。あー、真木さん謎だ。気になる。

 ところで、最初に書いてあるモニター一人一人の思惑について誰が誰か考えてみた。
最初のを軽くまとめると。。。。

30日、雑誌の隅の求人。ミスだと思う。後に、自分の才覚を試す舞台。波乱を期待して。
29日、インターネットの求人情報。十分な注意を払わなかった。異常な点を見逃した。小遣い稼ぎ。
28日、友人から「おかしな求人がある」と。友人は誤植で冗談のつもりで求人誌を持ってきた。真実かどうか確かめるため。
27日、短期雇いを必死で探した。条件文のおかしさを間違ったのだと思い込む。他の短期雇いと並行して。
26日、人づてに誘いを受けた。考え悩み、苦しんだ。異常には気付いていた。わからないまま酒を飲んだ。夜明けに応募。
25日、求人広告の「誤り」を笑う。友人達に触れ回った。冗談のつもりで。(岩井)
24日、やばそうな仕事があると持ちかけられる。よくよく考えて金が必要だと思い至った。やばいかどうかは意識しない。警告を無視して。
23日、無料求人誌。ミスはさておき、あやしい話に乗るのは馬鹿だ。馬鹿共を出し抜いてやろう。
22日、電話で誘われる。金がいる。何でもするつもりで。

 あれ? よくよく考えたら一人足りないよ。須和名さんと結城足しても11人だ。き、気付かなかった。
これは西野さん抜くのか? 22日は、西野さんだと思っていたけど、関水でもアリなんだよな。


27日は渕さん。(理由:本当にあの時給だと思っていなかった。日働きでも何でもお金を作らないと との証言)これはまず間違いないだろう。

26日、22日は、誘われているので、関水か西野。26日は、悩み苦しんでいるし酒を飲んでいるので西野っぽい。
消去法で22日は関水。でもこっちの方がしっくりクル。

とりあえず分かる奴だけにしよう。

25日は、岩井。(理由、バイト情報誌の「誤植」を見つけた。ただの冗談で応募、との証言)これも間違いないな。でも、28日と25日の人はまるで友人関係にあるみたいなのが一つ謎だ。偶然かなぁ。

30日は、箱島だろうな。(理由:才覚を試す舞台なら、目立っているキャラ。大迫と安東も目立っていたが、別にしっくりくる独白がある。あと奴の態度や性格からしっくりくる)

23日は、安東(ラストで馬鹿馬鹿言いまくっていたから。他にそれっぽいキャラがいないし。)

 これ以上は分からない。残りのキャラは、真木さん、釜瀬、若菜、大迫。

 残りの人選として、若菜は「ほうとうだったらすごい」で彼女が応募した。大迫はあまり本気にしていなかった。29日かなぁ。小遣いという響き的に若そうだし。大迫と若菜はたぶんセットなんだろうな。大迫っぽいのないし。若菜が応募したらしいし。

釜瀬は28日ありえないから24日だな。

 じゃあ28日は真木だよな。他に当てはまる人いないし。
そうなると、岩井と真木って実は友人だったんじゃないか。あの人物達に繋がりがあるように用意してあったし。
岩井と真木の雰囲気が似てるし。岩井は、真木の事友人とも言っていないが、今まで知らなかったとも作中で言ってないんだよな。

最終的に結論↓

 30日、雑誌の隅の求人。ミスだと思う。後に、自分の才覚を試す舞台。波乱を期待して。(箱島)
29日、インターネットの求人情報。十分な注意を払わなかった。異常な点を見逃した。小遣い稼ぎ。(若菜&大迫)
28日、友人から「おかしな求人がある」と。友人は誤植で冗談のつもりで求人誌を持ってきた。真実かどうか確かめるため。(真木)
27日、短期雇いを必死で探した。条件文のおかしさを間違ったのだと思い込む。他の短期雇いと並行して。(渕)
26日、人づてに誘いを受けた。考え悩み、苦しんだ。異常には気付いていた。わからないまま酒を飲んだ。夜明けに応募。(西野)
25日、求人広告の「誤り」を笑う。友人達に触れ回った。冗談のつもりで。(岩井)
24日、やばそうな仕事があると持ちかけられる。よくよく考えて金が必要だと思い至った。やばいかどうかは意識しない。警告を無視して。(釜瀬)
23日、無料求人誌。ミスはさておき、あやしい話に乗るのは馬鹿だ。馬鹿共を出し抜いてやろう。(安東)
22日、電話で誘われる。金がいる。何でもするつもりで。(関水)

 これで結構しっくりくるんじゃないですかねー。どうですか。赤い色は、作中の発言などから根拠があって、たぶん確実だろうと思われるやつ。
スポンサーサイト

theme : 読書感想
genre : 本・雑誌

Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。
感想、コメントは歓迎。お返事します。※ただしお返事はあまりはやくないこともありますのでご了承ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。