マルドゥック・スクランブル 圧縮  感想。

 マルドゥック・スクランブル面白かったー! とりあえず、完全版の一巻だけ。続き読みたい。とにかくウフコックがステキ。
男性社会に従属させられていた主がない少女の自我が目覚め、男性主義である社会生き方(=象徴として銃)を学ぶお話~って感じかな。また、彼女の味方であるドクター&ウフコックがそれぞれ去勢された男性としてキャラ付されているのが何とも言えない気持ちにさせられます。

 特にウフコックのキャラがいいんですよ。声だけだと中年男性ぐらいだけど、見かけは金色のネズミ。知能はあるけど、人間の男性性や女性性を実感として感じることはできない。だけど相手に対する思いやりは深く寄せてくれるし、匂いで人の感情が読める。

 でまた、バロットがウフコックにオンリーワン(愛して)を求めるのがミソなんですよ。人間のようにウフコックを扱った人はいたけど、バロットはそれとも違うとウフコックは作中で言うんです。

 普通の人間ならウフコックと友達にはなれると思うんですよ。しゃべるネズミでも。
けど、そこに恋愛感情のみとはくぐらないけど「私はあなたがいれば生きれる(あなただけを愛する)から、あなたも私を愛して」なんて求愛はできない。

 ではバロットがなぜウフコックにそれを求めたかと言うと、ウフコックが男性性とは程遠い存在だったのがあると思います。それと、父親像ですね。
男たちのおもちゃだった彼女にとって、ネズミであるウフコックがはその面で無害であり安心である。
ウフコックは実感としては理解していないけど、感情は理解しているから着替えとかトイレとかの時は離れようとするけど、バロットはむしろついていて欲しがるのが現れですね。

 そして本来、男性でいながら性的な面でまったくの安心な存在とは、=父親である。
でもバロットの父親は彼女に……。それも元々そういうタイプの人じゃなったから、なおさらバロットはウフコックにその穴埋めを求めているように見えます。

 ウフコックが少女を包む衣装であり、少女を守る武器と言うのも、すごく父性をイメージさせるなぁ。
シェルは男性の象徴だよね。インタビューにも書いてあったと思う。ウフコックのイメージも書いてあった気がするけど覚えてない。読み返したとき、私の解釈と全然違っていたらどうしよう。

 しかし、冲方作品のキャラは、たった一人がいればその事実だけでマジで生きていけるってスタンスなんだなー(ファフナー思い出しつつ)

以下、拍手返信。



04/15 に拍手くれた方。
そう言ってもらえるのは嬉しいのですが、3話見て無理! と思いました。正直、3話は弁護できないぐらい出気が……だったような。ということで、感想はちょっと。でも3話だけ頑張ってちょろっと書こうと思います。


「アニつば3話感想」

・なんだ。明日香様成分はアバンで補充しろと!?
・うーん。アバンはぶっちゃけ俺つばの本質暴露シーンなんだが、何も知らないと無意味な意味不サービスにしか見えんよなぁ。
・相変わらずOPはイイできだ。カルラいるし。
・デレひよ可愛い。
・あのときめきでこちゅーがナイだと! でもこの展開速度でやられてもドン引きですもんね。
・ハリュー先輩もカケル君も、昼の顔を大々的に押し出す前に夜の顔出してるから、ギャップに対する驚きが感じられないのが残念。
・というか、あいつらの戦いがしょぼくてどうしよーかと。
・そしてシュウちゃんが羽田家の玄関くぐるシーンは映すと。まぁ、未プレイのからしたら、下宿してるとかしか思わないだろうなぁ。タカシ君とか羽田家全然EP消化してないもん。
・そしてパンチラ狂夜かよ(笑)個人的に萌えヴィジュアル娘よりもこういうキャラの方が貴重なので私は好きだw

結論:はやくカルラ出そうぜ。あと羽田班。

 ぶっちゃけその前日に見たタイガー&バニーの3話が超面白かったせいで、なんか見ててモチベーション下がった!(笑)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索