獄主に捧げる降霊術 感想

 フェイトホロウ後日談まで見ました。バゼットが妙に可愛いぞ。というか、後日談って元の世界なのにどうしてランサー、ライダー、セイバーが生存しているのでしょうか。どうしてカレンはアンリの記憶あるの?

で次に「Rewrite」やろうと思ったのですが、そのの前に、無性にフリーゲームをやりたくなって「*coelacanth*」さんの「獄主に捧げる降霊術」をプレイ。(※18禁blゲーム)

 攻略難しい。ぎぎぎ。セーヴァルート難しくて、途中でカラードに狙い変更したらすんなりクリアできました。
その後諦めて、攻略見ました。
キャラも悪くないですが、お話重視のオカルトサスペンスゲームです。流血、首チョンパ描写あるので注意。 

 設定と世界観が独特で、雰囲気は良いですが、真相ルート以外うーん? と思うようなENDも多いのがちょっとアレでした。でも次回作やりたいと思うわせるぐらいには面白かったです。主人公違いの世界観が同一の3部作らしいので、一作目「斬首人が連れて行く」もやりたかったなぁ。15日で公開終了って私、惜しすぎる。
どうも、作中で主人公が嫌っていた斬首人一族当主「シア・カルテランテ」が主人公のゲームだったみたいですね。

 で、主人公「アーシェ」は、テラー=ブラウニング=ヒルと呼ばれる監獄の獄主。半年前に父親が亡くなり、それ以降部屋に引きこもるようになる。ひっきーなので、最後の最後まで表に出てこないかと思っていたら、案外簡単に出てきたりします。アレェー。まぁ、忘れているからね。攻略キャラは看守長3人+α。主人公受。

 監獄が舞台で、悪霊うごめく世界。森には斬首人の亡霊がうろうろ。ステキな設定です。BGMとSEはないのですが、あんまり気にならなかったです。あの薄暗い雰囲気には無音があっていたのかも。

 序盤から中盤までの方が、ドキドキしながら先を読み進められて好きでした。だから好きなENDとかあんまりないんですよね。なんか全部もやもやするような。レナードルートは、真相とまったく関係ないので「これでいいのかなぁ?」と思えちゃうし、リオ(真相)ルートは、全部わかって一番すっきりするけど本当はアーシェが兄貴殺してないのに黙っているのは酷いんじゃって思うんですよね。
セーヴァルートは、EDはエェエエー!? って感じなのですが、ラスト以外の終盤展開は好きです。ここで斬首人の亡霊の存在が意味を持つのか! と感嘆しました。でも、ENDはどうしてこうなったのでしょうか。

 やっぱ全部分かると、レナードが一番真っ当な人間だったので、アーシェの為になるのではないだろうかと思いました。
そしてEND7に至っては、このENDいるの? と疑問。存在意味がまったく感じられないのですが。
というか、リオ以外のセーヴァ、レナードは、18禁なのに、がっつり本番シーンがないのはどうしてですか? 攻略対象なのに!

 END8が唯一「BEST END」明記されているのも驚きました。セーヴァEND見た時から思っていましたが、作者はみんな幸せハッピー展開よりも闇BAD展開の方が好きなのでしょうか。というか、サイトに書いてあった兄×弟スキー故のベスト表記なのだろうか……。

 攻略キャラはみんな同じぐらい好きです。
でもレナードが一番好きかな、普通の人っぽくて。この人がいれば、アーシェ良い獄主になりそう。
セーヴは……アーシェとセーヴァってお互いダメにしそうで心配だ……。
リオはメインなだけあって魅力的なキャラですよね。
小言うるさい幼馴染とか良い位置。厳しいようで甘やかしているとか。囚人や看守にモテモテなリオなんか可愛いなー。リオ受けでも良いよね。
そういえば、3人それぞれの部下や牢獄の印象が3者3様で面白いですね。特にリオ。リオの部下は、みんな引きこもりのアーシェ(獄主)の顔をちゃんと知っているってシーンで、ちょっと感動しました。リオの愛だなぁ。
ちゃんと教えてるところに、アーシェが獄主になって一緒に仕事するの楽しみにしていたんだなぁとか。獄主として尊重したいと思っている願いが込められているんだなぁとか。

 サブキャラのオルスタンスとノーラも好きです。というか、オルスタンス×ノーラの方が萌えるようなとか一瞬思った私がおかしいでしょうか(※二人は女の子です)だって、ノーラはオルスタンス尊敬しているし。特に、セーヴァルートの二人のやりとり萌えるんですけど。あれは良かったなぁ。

 主人公のアーシェは、ひっきーで仕事放り投げているので、なかなかの嫌われ者でした。監獄の主だしね。でも、3看守長はそれぞれ思うとこはあるにしろ、アーシェが好きだったんだなぁと思う訳ですよ。共通BAD見るとね。
主人公が秘密あるキャラだったのであまり書きにくいのですが、逃げ続けてたとはいえ、あんなこと起きる前は獄主として生きる事をちゃんと決めていた人なので、悪印象はあんまりなかったです。最終的にEND後は、部屋から出るし仕事するようになるし、割と好きなキャラでした。

 話は戻りますが、やはりレナードルートは、惜しい。途中まで面白かったのに、EDが唐突過ぎるんですもん。アーシェさんデレるの早いっす。一番惜しいのは、レナードがどうしてアーシェが自分の願い(監獄改革)を叶えてくれるにふさわしい人間か見込んだ理由が描かれていない点です。レナードのキャラがキャラだけになんの理由もないとは思えないんですよね。あの口ぶりだと、セーヴァとリオがアーシェちやほやしてなければ、アーシェと仲良くなりたかったようだし。

 あと付け加えると、伏線の敷き方がうまいですね。思い返すと「あれ?」と思っていた些細なことが「あぁだからか」と真相知って納得することがちらほら。文章力もあるしライターさんは中々の技量だと思います。
なおさら色々惜しいです。

 そんな感じで、ホラーっぽい雰囲気で悪霊が蠢く監獄世界を、ドキドキ浸りたい人におすすめ。

 ちなみに現在制作中の3部作の三作目は「僧正の朽ちゆく魔柩」ナンセンス・スリラー18禁blだそうです。
あらすじ見ると、アーシェが少々お付き合いのあった(今思うとあれの理由もひどいよなぁ)暗殺集団「首斬り協会」のお話らしいです。もしかしてタイトルから見るに「僧正の翼」についても詳しく分かるのでしょうか?(今作もちらっと出ただけですが、どうも前作でもあんまり詳しく書かれてないようなことをレビューを見かけました)

 はやくプレイしたいなー。わくわく。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索