スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAGE―OPEN― 新田ルート考察。新田ルート何が本当で何が嘘か。

 新田ルートの考察です。新田スキーとして新田ルートの分かりにくい部分を考察したいと思います。といっても、頭良くない上に、文章力もない人間の考察です。優しい気持ちで話半分に読んでください。

※注意※

「CAGE―OPEN―」本編、各人誕生日SS、クールビー42号新紺SS、インタビューズを読んだ人間の考察です。新紺同人本「Fantasy」、副読本の知識はないのであしからず。
あと、非論理的人間の頭そんな良くない人の考察なので、そんな信用しないでください。
一周しかしていない上、最初にプレイしたので記憶があいまいだったり勘違いしていたら、本当にすいません。
だいたい方向性は合ってるかなーという気持ちで考察しています。方向性だけ伝わってください。
書き途中から「副読本」手に入れたので、唐突に副読本についての情報が挿入されています。なんか文章ぶつ切りでも気にしないでください。


 ところで、ネット感想ばーっと読むと、新田よりも矢ヶ崎さんの方が「愛あるの?」言われてて驚きました。あれ? 新田の方が理解できない人多いと思ってたんですが、矢ヶ崎さんの方がアウトなの? 確かに私も最初胸糞悪かったですが、矢ヶ崎さんって実は九条さんの次に紺野厨だと思うのになぁ。どうしてだろう。やっぱED15のせいかなぁ。


以下、妄想過多な新田ルート考察(超長いです。何度も言いますが、私がなんか勘違いしてる点などもあると思います。話半分に読んでください)





①「なぜ、ED8の新田は紺野を殺そうとしなかったのか?」

 新田ルートは、ED5→ED7→ED8とコンプした人はきっと私と同じように「えぇ~~~!?」と度胆抜かれたことでしょう。ED8の新田が自分で「嘘つき」宣言したあげくに、選択肢で設定がパラレルになる恐ろしいシステムのせいでプレイヤーはどのルートの何が本当で何が嘘なのかまるで分らなくなり「私は何を信じればいいの?」と新田不信に陥ると思います。私もそうでした。初回ルートの挙句に、新田最愛だった私はもうどうしていいやら分からなくなりました。しかもED8の瀬川の言動見て、ED7の不穏ED見ると「ED7の未来は、新田が飽きたら殺されるんじゃないのか?」という結論をプレイヤーに植え付けます。

 そんな中で私はED8について1つの疑問を抱きます。
あれ? 皆殺し宣言したけど、新田は紺野殺すそぶり一度もなかったなぁ、と。

 私ED8ルート中、絶対、殺す気だと思っていたので拍子抜けしました。
何で殺さなかったんだろう。じゃあ、新田が紺野殺すときってどんな理由だったっけ? と思い返すことにしたのがはじまりでした。

②「新田の紺野殺害動機について」

 新田の紺野殺しEDと言えば、ED3ですね。『約束を守らずに逃げたら』静香もろとも殺されました。
こりゃ紺野が悪いと思いますが、よくよく考えると静香まで殺す(死んでないかもしれませんが思いっきり腹部刺していました)辺り、あの時の彼がどれだけ怒り狂ってたのか今なら分かります。

 もう一つは、ED5のLOVEルートで、実際に殺したわけではありませんが、殺そうとするシーンがたびたびあります。その理由は、紺野が新田が探していると知っていながら権藤を殺したから(新田の認識として)

 このように、2つのEDはどちらも新田目線として紺野が彼を裏切ったことが殺意の動機になっているのです。
ここから考えると『新田は裏切りに対して盛大なトラウマがあるのでは?』という推測が成り立ちます。
そんなかっこよく書いといてなんですが、単に、殺そうとすることの理由が限定されているってことは製作者の意図があると考えて良いんじゃないの? と思ったわけです。

 そして、副読本にて、新田が孤児故の孤独感が、相手への不信感につながり「世界は嘘」で出来ていると思い込むようになった経緯が描写されていることを知ります。

 つまり、新田は「嘘」が病的に許せない人種であり、他者に対して異常な不信感を持っている人物なのです。
ED7(だったっけ?)で「好きでレイプされたと思ってるのか?」→「うん」と答える異常っぷりからも察せられますね。

③「新田がED7で権藤を殺した理由」(これ飛ばしても良いです。間違ってるようなので)

 こうなってくると、ED7の権藤殺害動機も違った解釈ができると思います。
あれ、作中だと殺した理由を「お前がいるから」という言葉で説明しています。が、それは本当ではないと思います。元々、権藤さんと一言も会話もなしにいきなりぶっ殺していて、紺野が理由を問うと「お前がいるから」って返されてます。ゾクゾクしましたけど、なんかおかしいなぁと思っていたんです。
だって、いらないならいらないで殺す必要はないですよね。なんかそんな理由で殺すのって新田らしくない気がしたんです。
でも、権藤さんが嘘ついたから殺したって理由なら、嘘が許せない新田というキャラに沿って納得できます。瀬川が「失踪したなんて思ってるの新田だけだ」とかフハハハ言っていたので、それで新田は、裏切られた→カッチーン→これ以上言い訳(嘘)聞きたくない→無言で殺害。という流れだったのではないでしょうか。

 ED7は、新田が飽きたら殺されるBADに見えますが、そういうEDではないと思います。ただ、権藤さんに裏切られて荒んでいそう&紺野があのルートで信用を勝ち取った訳ではないので、あのままの状態だとまた勘違いで裏切られたと思われて紺野は新田に殺される未来が待っていそうですが。
裏切ってないのに新田めんどくせぇな! でも大好き!

 ※とか書いといてなんですが、副読本のED解説見ると、素直に飽きたから殺した説で良いみたいな書き方されていました。まぁ、こういう風に考えても良いかなって。折角書いたので残しておきます。

④「ED8の新田がいかに幸せな最期だったか」

 ここでED8の「なぜ新田は紺野を殺そうとしなかったか?」という最初の疑問は、「紺野は新田を裏切らなかった(嘘つかなかった)から」という答えで説明できます。

 でも新田はこのEDで最初から紺野を信用していた訳ではないと思われます。なぜなら、新田は紺野相手『嘘』を言ってわざと怒らせるという不信表明行為に及んでいるからです。

 あの大暴露シーンを見てみましょう。瀬川が「新田は嘘つきだ!」と紺野に暴露した後、新田も紺野や瀬川相手に「あれもこれも嘘だばーか!」みたいな言動するじゃないですか。

 ここで新田が『嘘嘘』言っていたのは、全部嘘だと思われます。
例えば、孤児とか嘘! これ嘘です。
※追記:副読本のプロフィール見ると家族構成に『孤児』と書いてあって、特にルートで違うといった注釈なかったので「よっしゃー! こりゃ嘘説確定だな」とガッツポーズしたものです。

 なぜ嘘だと断定できるかと言うと、新田の言動はどう考えても、相手をわざと怒らせて心中的なことに及ぼうとしていたようにしか見えないからです。
やっぱり副読本のED解説でも、「少しだけ好きなものたちと一緒に自分含め全部死にたかった」(要約)と書いてあります。

 また、殺すという行為の理由が、『嘘』を『本当』にする為だと述べています。
ここで逆説的に新田が紺野を殺さないというのは、紺野が『本当』だったから殺す必要がなかったともいえます。

 私はあのEDで、新田が紺野を『本当』だと思った瞬間は、全部終わって死にかけた新田へ駆け寄った紺野を見た瞬間だと思います。「何にも聞かないんだな」って新田が言ったシーン。

 ここの新田は心底驚いたと思います。だってあんだけ「嘘嘘」言って、裏切って、怒らせたんです。普通、見捨てると思います。おまけに、嘘が嫌いな新田は、自分がされて嫌な(許せない)ことやっている自覚が十分あります。
自分が紺野だったらここで駆け寄るのはあり得ない事です。まして嘘つかれた相手の命を心配してなんて。
 
 ミソなのは紺野が『何も聞かなかった』という点です。何も聞かないということは紺野は、『言葉なんてどうでも良い』と言っているようなものです。『嘘も本当も確認する必要がない。嘘かどうかなんてどうでも良い』と言ってるんです。相手がどう思っていようが、何を言おうが、自分の気持ちが一切変わらない『真実』であり『本当』であり。その『本当』というものが、新田の命を心配しているのです。

 嘘だらけの世界に恐怖を持っていた新田のはじまりは強烈な『孤独感』です。
その『嘘』と『孤独』を紺野のこの無言の主張は、否定したのです。
新田にとってカルチャーショックだったと思います。

 また、言葉を求めないということは、新田に何も言わせないということであり、=新田に嘘をつけなくさせています。

 紺野はここで、新田に『嘘』ではない『本当』というものを見せ、なおかつ新田を嘘つけない状況にして『本当』にしてあげたのです。

 この紺野の行動で、新田はようやく、ようやく『嘘だらけの世界』から解放されたんだと思います。
だってこれ以降の新田は、一切嘘がないのです。

 もっとも象徴的なのは、コインです。
それまで嘘しか言わなかった新田が、紺野にコインあげる約束をきちんと守っています。
これは、新田が嘘しかついていないというこれまでの印象を否定する重要なシーンでもあります。

 また、クールビーのSSで、新田はセックスが好きな理由について『セックスしてる間は人は嘘つかない』と述べています。

 新田の中でセックスは『本当のこと』であり、じゃあ死にかけてる時にやりたいと言い出したのは、『本当』に囲まれて死にたいってこともあるんでしょう。けど、一番の理由は紺野に自分が『本当』だと思われたかったんだと思います。

 この時から、今まで嘘ついても悪いと思わなかった(なぜなら相手が嘘だらけだったから)新田が、紺野には嘘つきたくない(なぜなら紺野は本当だったから)と思ったんだと思います。

 ED8の新田は、最期の最期にようやく『本当』というものに出会えて幸せな最期だったと思います。
嘘じゃない人と嘘じゃない自分で、嘘じゃない行為をして死んだんです。もう、これほど幸運な死に方ないと思います。

 孤独が嫌で、傷つきたくないから、世界中みんな嘘だと思って誰も信じなかった。相手が嘘つきだから自分も相手を利用しても良いと思い、気づいたら自分の嫌いな『嘘つき』になってた。
この雁字搦めの負の連鎖に飛び込んできた相手が、新田が嘘つきでも傷ついて欲しくないって言ったらそりゃあもうたまんないよ。新田良かったね。本当に良かったね。死ぬのは良くないことだけど、新田が本当だって思えた紺野がこの嘘だらけだと思っていた世界で、このまま生きてくれるのは幸福なことだよね。

 はー。で、また副読本のED解説の最初の文が良い。「全部嘘だよ、紺野」この一文。
何が良いってこのEDの解説文、新田が終始優しげなんです。もう、このEDの存在自体嘘にしてやろうか! と言わんばかりに優しげです。この新田が何を嘘だと紺野に伝えたいかって、そんなの一つだと思います。「嘘ってどの嘘?」という紺野に何もかも嘘だったと言ったことを、新田は嘘だって言いたかったんだと思います。
というか新田の嘘含め、嘘のなにもかも全部嘘にして『本当』にしたかったんだと思います。

⑤「ED5の新田はこれから頑張るんだねと思いましたとさ」


 最後にLOVEエンドです。私、最初にこのエンド見ましたが、今振り返るとまったく違う印象を受けます。
いやー、新田はこのルートだけ見ても、全然新田の事は見えないですね。

 ED5は、最初プレイすると「なんで、紺野殺してないって信じてくれない?」とか「なんか権藤さんの方が大事みたいぎぎぎ」とかと思うんではないでしょうか。

 しかも、新田は「紺野は殺していない」って半分以上理解しているのに信じない上に、殺そうとするのです。

 まともなプレイヤーだったら、新田なんだふざけんなこの野郎と思うことでしょう。
が、今までの考察を経てこのルートの新田を考えると、紺野信じよう&殺さないようにしようと結構頑張ってる風な新田って新田的に非常に珍しい上に、例外な感じで紺野は結構愛されているのではないだろうかと思えてきます。

 普通の人間として新田見れば、全然紺野信じてないように見えるけど、信じるという行為がタブーである新田が紺野のこと信じかけて、でも信じられないって葛藤しているのは、新田にとって紺野の存在がかなり重要な位置に食い込んでいるんだなーと察せられます。

 副読本見ても、新田って、権藤さんは好きだから殺したいと思ってます。でも、紺野相手は、どのエンド見ても副読本のSSでも、明確に裏切らない限り殺したくない。って思っている感じなんですよね。たぶん、権藤さんと紺野の差ってここだと思います。

  ED8の解説では書きませんでしたが、ED8は最後の最後にならないと紺野を心底信用していたわけではないと書きましたが、でもどちらにしろ一貫して紺野を殺そうって思っていなかったみたいですよね新田。

 だから、新田ルート入った時から、紺野って新田にとって今までにない位置にいたんでしょうね。
やっぱ、どう見ても素直でアホな紺野の性格が要因なんですかね(考え中)

 ED5もED8と同じ行程を経て紺野は新田のハートをキャッチャーしてますね。
これもED5だけ見た時は気づかなかったです。
 
 ED5も、新田の価値観では紺野の行動ってありえないことなんですよね。殺されても(裏切られても)相手に信じて欲しいって、傷つけられるのが嫌で逃げてた新田にとってカルチャーショックだったと思います。

 トドメに、その後紺野は嘘ついていないってきっぱりはっきり否定されてしまったので、新田の脳内大変だったでしょうね。

 新田的に、嘘だから傷つけて平気だったのでしょうから、ここで流石に自分の最低具合に気づいたんだと思います。「ごめん。ごめん」繰り返していました。実は新田が謝るのってかなり貴重だと思います。この子、基本謝らない子ってインタビューズとかに書いてあったような(うろ覚え)

 で、ED8とED5の最大の違いは、ED8では新田も紺野によって『嘘つき』ではなくなったまま死んでいます。が、ED5では新田が生きているので、自分が『嘘つき』でなくなるには、自分で頑張んなくてはいけないという点です。

 『本当』だった紺野に、応えて新田は『本当』でありたいと思ったのが、ED5後の新田の変化につながるのだと思います。またEDタイトルの「Rewrite」は、新田の世界の『嘘』を『本当』に書き直すEDという意味かなと思いました。


⑥「まとめ」 

 長くなりましたが、言いたいことはざっとかけたかなと思います。
ようするに、好きになったら信じられないぐらい惚れこむ紺野の性質が、不信感の塊だった新田のハートを射止めたんだと思います(要約しすぎだ)

 あとED8は、新田嘘つきじゃないよ! 嘘って言ったのが嘘だよ! ってことと、ED5は、このEDから新田は頑張って紺野に誠実になろうとしてどんどん惚れ込んで誕生日SSみたいになっちゃうんだね!(大興奮)とか伝えたかったです。以上。

 ここまで読んだ人、神です。こんな長いアホな妄想考察読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。