スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAGE―CLOSE― 総評

 LOVE&DESTROYニッチ向け同人18禁BLゲームの第二弾の「CAGE―CLOSE―」コンプしました。
ってゆーか、あるEDの後にto be continued って出たんですけど、どういうことですか。続きあるんですか。続きあってハッピーエンドにしてあげると言いなさい。こんちくしょー!(ご乱心中)

 あらすじは「CAGE―OPEN―」と同じです。OPENが5千万円をめぐるコイン争奪ゲームの参加者が攻略対象なのに対して、CLOSEは主催者側の関係者が攻略対象です。尊大な主催者のガキ、金髪用心棒、謎の五分刈り色男、隠しで良い奴な親友とちゃらい同僚の5人です。

参考にOPEN総評→傾向・あらすじはこれとほぼ同じ。

 なのでOPENの時は「愛ない」とか明言していた割に、結構愛があったように思ったのですがCLOSEの方は愛と言うか甘さが全体的になかったです。ただ、グロはOPENの方がきつかったです。CLOSEはストーリーが容赦ないルートが多かったですね。難易度はCLOSEでめちゃくちゃ簡単になりました。あと、ルート分岐時にLOVEルートとDESTROYルートが表示されるようになったのが残念でなりません。矢ヶ崎さんルートでLかDか恐怖に慄きながらプレイしていたあのゾクゾク感がなくなったじゃないですかー!

 しかし全体的にOPENの方が出来が良かったですね。あっちの方が話も面白かったし。
CLOSEキャラって主催者側サイドなのに、キャラ造形シンプルなんですよね。OPENキャラって、ややこしいし分かりにくいしめんどくさいキャラ多かったのに対して、CLOSEキャラって潔い人多いんですよ。世間に対して諦めてると言うか。その分わかりやすくてなぁ。ちょっと考察スキーとして遣り甲斐がないです。OPENはDルートとLルートで色んな顔が見えて、難解だけどキャラに深みがあったんですけど、CLOSEはDルートもLルートも攻略キャラに対して印象がそんな変わりないんですよね。そのせいで薄っぺらく感じると言うか。今回、DとLで違う顔見せるのはむしろ主人公の紺野の方なので、ちょっとそのやり方は失敗だったんじゃないかと思いました。

 <OPENプレイ済の方へ>
 OPENキャラはそこそこ出てきます。新田&吉本が一番出張ってましたかね。なのでOPEN好きだった人は、CLOSE是非プレイすべきだと思います。特に斎木ルートのOPENキャラが美味しい。斎木Dルートは、OPENキャラ×紺野がすごい良かったです。特に矢ヶ崎さんが美味しすぎる。吉本も斎木Dルートで吉本ルート思い返すと泣けます。九条さんは某ルートで安定の九条さんでした。あと、石松ルートの九条さんかっこよかった。新田はいつどこにいても可愛いです。

 なんだかんだ楽しかったEDとかルートもあったので、FDが楽しみです。FD出るよね。OPEN&CLOSE購入者サービスゲームでサブキャラ攻略出来る(これ大野さんのことカナー?)とか、人気投票とか楽しみだなー。人気投票はじまったらもちろん新田に入れるよ。でも抱えた激情と衝動で石松に入れるような気がしないでもない。ほら、新田もともと人気ありそうだし。いや、まだ開催してないから自分。落ち着け。

 ってことで分かると思いますが「CLOSE好きキャラグラフ」

石松>>>>>>>来栖>>>>大衡>>>>斎木>>>>>>>>>>>>>>>>>牧さん

 うん。キャラ感想は下記で語るとして、牧さん牧さんだし石松いじめるしどうでも良いです(笑顔)石松に関しては、石松石松石松石松石松って感じです。メソメソメソメソ。愛おしい人です。
来栖は大変可愛かったです。大衡は上がって(好みだ)下がって(地雷発見)上がって(なんか同情が愛に変わった)でした。斉木はまぁ普通。

「好きルート」

①石松Lルート(うわぁああああああああ。好きです。大好きです。LOVEルートなのにどうしてどうして)
②△ルート(なんだかんだラブコメ? で楽しかったです。この紺野良いキャラしてるわー)
③斎木Dルート(矢ヶ崎さんと矢紺にえらい萌えたのはルート的に間違っているだろうか。良い感じにいかれまくってて面白いルートでした)

「好きED」

①石松LルートED14「Voira C’est tout」(もう泣いていい? 正規EDでこれってないよ。このタイトルはあんまりだよ。すごい石松っぽいよ。意味『はい。これで終しまい』)
②斎木DルートED9「Tweedledum and Tweedledee」(行きつくところに行きついて同じ位置に立ってしまった。救いなのか絶望なのか分からないこの果てがなんともいえない余韻のある良いEDでした)
③来栖ルートED24「ごめんがいえなくてごめん」(タイトルが秀逸ですね。BADだけど来栖の素朴な良さが出てて地味に好きです)
④牧LルートED22「Isn't it a beauty?」(Lだけど正規EDじゃない方。紺野の「俺の勝ちだ」って台詞が良かったです。紺野の良い人生経験になったではないでしょうか。こういう関係もこの二人に合っていると思います)

 なんかこの結果だと正規EDが好きじゃないみたいだな。どちらかというと、正規EDはこれから新しくスタートって感じなのが多かったので「後日談くれ」って感じです。特に来栖と斎木のED後日談見たいです。

◆キャラルート雑感「斎木旬」

 コイン争奪ゲームの裏側が分かるこのルート。実は斎木Lルートだけ夏にプレイしていたので記憶があいまいです。あの設定はLとDで変わるんだろうなぁと思ったら案の定でした。Lルートはアフターが美味しかったなぁという記憶しかない。いや、なんというか年齢差ありすぎてあまり恋愛とかに見えなかったから。うぅん。しかしDルートはかなり好きです。斎木の精神の切羽詰まった感じと、どんどん堕ちていくしかない紺野。Lより二人の関係性がしっかり描写されていて、物語としても面白かったです。まぁ、Dルートも恋愛には見えませんが……。

以下、斎木Dルートネタバレ

 何度も言いますが、OPENキャラ→紺野の描写が本当に良かったです。矢ヶ崎さんは紺野の心の残るならという相変わらずの妄執ですし、九条さんは紺野に殺されるなら本望だし、この二人は物語開始当初から好感度MAXみたいなものなので、CLOSEでもこんな感じでした。新田と吉本は、紺野に自分の姿重ねている感じでしたね。吉本が鉄パイプ止めるの泣ける。選択肢の「死にたい」も泣ける。吉本ルートと立場逆じゃないですか! 吉本ぅぅ。

◆キャラルート雑感「大衡裕樹&来栖茜」

 隠しルートのお二人。斎木Lルートがイマイチテンションあがらなかったので、共通で好みそうだった大衡に惹かれてこちらをプレイしたのですがツボだったのはむしろ来栖の方でした。
来栖、一番普通の感覚の持ち主でしたね。いや、CAGEキャラの中でですが。そういうところが好きでした。あと設定的に一歳下の後輩年下攻め(でしたよね?)なんだぜ。
大衡は、ある点がすごいネックだったのですが、プレイし終わって考えれば考える程ダメ男っぷりが際立って、だんだん愛おしくなってきました。
この二人は、隠しキャラなのでDルートが存在しないのが惜しかったです。1ルートだけだとやっぱりキャラに深みが出ないと思います。その代り、二人には個別ルートの他にトライアングルルートがあるのですが、これ、ある意味お遊びルートだからなぁ。でもぶっちゃけると、個別よりも△ルートが一番面白いです。
△ルートは紺野の基本設定がぶっ飛んでいる上に、そんな紺野に振り回されてる来栖が可愛くて可愛くて仕方なかったです。大衡は通常運転でした。というか、△ルートの大衡と個別ルートの大衡って問題点が同じなので、△ルートから個別ルート分岐でも良い気がしていました。△ルートメインにしてほしかったなー。
しかし、この二人は個別は友情ルートって感じでしたね。端的に言うと、ちゃんと友達になろうねって話だったので、恋愛じゃなくてもいいかなーってちょっと思いました。

以下、大衡ルートネタバレ。

 大衡の何が地雷だったって、DV彼氏だった点です。私の中で良いヤンデレと悪いヤンデレがあって、好きな人に死ねと言われたら喜んで死んで、自分を否定されても好きな人を絶対傷つけないのが良いヤンデレです。九条さんとか私の中でめちゃくちゃ良いヤンデレでした。一方、自分の理想を相手に投影してそれを裏切ると逆上するようなヤンデレはダメなヤンデレです。好きでいる資格ないと思っています。なので、大衡がDV振るいだしたときは「うわー」ってテンション下がったのですが、大衡はとにかくアホというかヘタレというか可哀そうというかダメ男だったので、だんだん許せてきました。相手が紺野だからってのもありますしね。あの子、好意をもった相手には心の包容力半端ないですし、丈夫だし、平気ですよ。
大衡の馬鹿っぷりといえば、紺野は俺を理解してくれる! と思ったくせに今まで紺野の前でかっこつけてて分かり合ってないことを見ないふりしてた点が最大です。が、その理由はたぶん恋愛的に好きだったから紺野の前でかっこつけてたんだろうなと考えると、高校時代過ぎて今さら「紺野を愛してるんだ!」とか大衡気付いたとか考えると馬鹿過ぎて好きになるわー。やっぱ究極のダメ男だわー。


◆キャラルート雑感「牧敦義」
 
 出ました、牧さんルート。いや、予想は薄々ついていました。なのでLルートの前半ちょっと退屈でしたが、後半からすごく面白かったです。特に、終盤で牧さんってこういう人なんだなって紺野が理解してストンと気持ちが落ち着く流れの描写が良かったです。Dルートは一番、エロくて内容きついルートだったのではないでしょうか。
牧さんと紺野のあのような関係ってまぁ、ありだと思います。割と好きです。Dルートはアレですが。Lの正規EDじゃない方とか、一度きりの人生の交差みたいな関係も良かったです。でも、牧さん個人に関してはそんな好きじゃないです。(きっぱり)まぁ、プレイすれば分かりますよ。というか、石松いびってる点で好感度マイナスですよ。牧さんルートの石松って薄倖オーラプンプンしてましたね。というか、石松ルート終えたら、石松って牧さん超嫌いだろうなって思いました。石松Dルートだと実は仲良いって設定もあるかもしれませんが。
あと牧さんルートなので、矢ヶ崎さんの出番多いかなと思ったら一瞬の出番でした。ところで、牧紺←矢とか考えると、矢ヶ崎さんが可哀そうすぎて涙が禁じ得ない矢紺スキーの私。

◆キャラルート雑感「石松征四郎」

 最初から本命だったで最後にプレイしました。正解だったのか、間違っていたのかよくわかりません。なんかネタバレしか話せそうにないのですが、CLOSEで一番好きです。えぇ、大好きですとも! Lルートの石松への愛おしさは果てしないです。石松ルートは、Lルートがある意味Dルートでもうどうしてこうなったの? って感じでした。不器用で優しくて薄倖とかそんな三拍子揃ったら私のストライクゾーンど真ん中でしたよ。それなのに、それなのに最後にルートを回したらこれですよ。幸せにしたかったよ。幸せにしたかったよ。
Lルート本当に良かったです。紺野が「もっと理解したい」と思った矢先にこの展開とか。実に効果的でした。素晴らしく容赦ない。
そうそう。LルートのHシーンのタイミングも内容も良かったな。石松優しいんだもん。あとDルートのHシーンがLルートと違い過ぎて笑えた。Dルートの石松も嫌いじゃないけど、私はLルートの石松幸せにしたかったよ。

 ところで、石松ルートは他のキャラとあまりに違います。Lルートの結末もそうですが、Dルートはどういうことですか!? ラブデスさんそこのところ早く教えてください。

 以下、石松関連ネタバレ。

 斎木Dルートで、両親殺されたと言い紺野に親切で驚き、牧さんDルートでネチネチ苛められる石松から不幸オーラを感じつつ、Dルートでぶっ壊れてる紺野に「紺野鉄平」と2、3回呼びかける姿に胸きゅんしたものです。
まだ石松ルートやってなかったので、あの呼びかけにはどういう感情が篭っていたんだろうと思っていたのですが、復讐考えている系紺野に対しては、石松って密かに感情移入していたんでしょうね。おぉ、そう考えると牧さんDルートの石松なんか切ない。
あと、LルートのEDで紺野ってコイン放り投げるじゃないですか、コインに書いている文は「求めよさらば与えられん」このルートでは痛烈な皮肉でしたね。また、石松が紺野を取っていたら幸せになれたのにって意味も込められていると思います。石松って服装とか斎木の言いなりだったのはどうでも良かったからで、自分の意志がないわけじゃないとか言ってたけど、本当は自我が薄いんだと思います。家族の復讐を誓った日から自分とかどうでも良くなかったんじゃなかろうか。だからあんな幸薄いんですよ。そうですよ。


Q,新田と来栖の相性が悪い理由と新田と石松が相性良い理由

 作中&インタビューズでOPENキャラとCLOSEキャラの相性書いてありましたが、ちょこっと考察。<以下ネタバレ>
新田と来栖、世間的に人から愛されるように振る舞ってるって点で似ているのですが、根本的に違うのは新田は人の愛を信じておらず、来栖は人の愛をフランクに考えている点だと思います。来栖は完全まっすぐな子ではないでしょうが、環境的に色んな人にチヤホヤされていたようですので、愛は世界に満ち溢れてると思っているしそんなに重いものと考えていない。来栖が根が良い子に見えるのは、そんな育ちのせいだと思います。
その点、新田は言わずものがな、愛に対する考えが重いので、来栖と相いれないんだと思います。
  
 新田と石松、あのネガティブ思考は似てますよね。二人とも世間に絶望してる組だと思います。愛はあるのに取り戻せない組? 新田はあんなに友人同僚とかにに好かれているのに、それを信じられず、石松はあんなに心配している育ての親戚や手を伸ばす紺野がいたのに、手を取らなかった。二人とも人に対する優しさを持っているのに、救われないところとかそっくり。でも新田は紺野でなんとかなったのに、石松どうして、どうして。


 最後。キャラ攻略推奨順は、まず牧さん最初と最後はやめよう。石松を最後には人によるって感じなので、、、

安全牌◎石松→牧→斎木→(来栖&大衡 はむしろどこでも良い)って感じでしょうか。

 来栖&大衡が、OPENの九条さん(安心)枠なので、私みたいに挫けたら気分転換に良いと思います。私は、斎木→来栖&大衡→牧→石松だったので、この順も悪くなかったです。石松本命でどうして! どうして! どうして!? とか狂乱しましたけど。やっぱ石松最後は止めましょうよ。

 好きCPは好きキャラと同じだな。石紺幸せにしたい。来紺きゃきゃふふふ見たい。

そんな感じで、長くなりましたが以上。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。
感想、コメントは歓迎。お返事します。※ただしお返事はあまりはやくないこともありますのでご了承ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。