たいぴんぐDEテイミング!完全版 感想

 18禁同人BLゲーム「たいぴんぐDEテイミング!完全版」(PINK BAT)プレイしました。
私は、Girl'sManiaxのDL販売で735円で購入。
タイピングゲームなのですがタイピング飛ばすこともできるので、苦手な方も安心仕様。
ちなみに私は、2作目のはじめぐらいまで頑張ってタイピングしましたが、途中からだらけだしました。

 この作品、実はかなーり前からプレイしたいと思っていたのですが、ようやくプレイできましたね~。シャープが絶対好みだと思って買ったのに、まさかルートにダダ嵌りするとは思いませんでした。
こちらの3年前?が舞台のゲーム「病獣」も発売したので、楽しみです。たいテミに出てくるシャープとエスケープとフォーンも出るゲーム。

 あと、先に書いておきますがシステムに難点が。初出がかなり前の作品のようなので、スキップ、オート、ログなどのオプション機能がないです。まぁ作品の構成上スキップなしがそれほど不便だった訳じゃあないですが、今やるとびっくりするほど不自由だと思ったのでここに述べておきます。

 ところであらすじを書こうと思ったのですが、HP見ると『テイマー』の説明とか舞台設定とか全然出てないのですね。なので私のうろ知識で説明しようと思います。
「たいぴんぐDEテイミング!完全版」の内容は大きく分けて3作構成になっています。

○一作目「たいぴんぐDEテイミング!」
→魔物を使い魔にできる『テイマー』養成学校を卒業したウィンは、変態・変人・天才テイマー。彼の夢は、可愛い魔物♂のハーレムを作ることだった!
出会う魔物たちにタイピング(テイミング)勝負を仕掛けて、勝ったらエロいことしてハーレム要員に組み込んでいくゲームです。無理やりシュチュとか、強制3Pとかいろいろご無体シーンありますが、エッチシーンあっさりなのが難点なんですよね。これ意外に長くて、最初は勝負→Hみたいな単純構成だったのですが話が進むと物語性も出てきてこれだけでもプレイしてて楽しかったですね。ただ、1作目は恋愛過程とかCP萌え的な感情描写あんまりないので、BLゲームの恋愛楽しみたいって要求は満たされないなぁと思いました。どちらかというと、男性向けゲームのノリでした。

○二作目「テイマーVSテイマー」
→可愛い♂魔物ハーレムをなんやかんや築いて暮らすウィンの元に怪しい手紙が届く。
手紙の主の呪いにかかった猫の獣人チルダを救うために、呼び出された古城に向かうのは、チルダの兄シャープと、手紙の主に心当たりのある天使のセディユと彼らの主人であるウィンだった。
一作目はEDが一本道のゲームでしたが、今回は個別EDがあります。全キャラって訳ではないのですが、あるべきキャラにあったって感じでしたね。あえて欲しいと言うなら悪魔組かなぁ。番外編でも出番あんまりないですし。一周目はセディユorシャープED、二人をクリアすると、ルートorリーダEDが見れます。そして、今回は恋愛してましたねー! やはり、シャープとルートですね。ウィンの相手という点ならこの二人が一作目から一番良く描かれていたので、この二人のED見たときは可愛いよ可愛いよと萌え転がっていました。
セディユは、ウィンよりもシグマの方が美味しいし、リーダはカレットと幸せになって欲しいです。

○三作目「番外編シナリオ『地下遺跡編』『後輩の秘密編』『地獄の番犬編』」
→ここからなんとフルボイス! ネット声優さんなのですが、私(申し訳ないですが)苦手なんだよなぁと思って聞いてみましたが、キャラのイメージにみんな合ってましたので悪くはなかったです。特にシャープ役の人がかなり上手かったです。『地下遺跡編』のシャープのあのシーンが声付きで聞けてすごい萌えたのでいやー声あって良かったですね。あとエスケープエロイ。

『地下遺跡編』
→テイマー&獣人たちのドタバタ遺跡探索。楽しいコメディでした。歴代トップクラスの優秀なテイマーが揃っているはずなのに、馬鹿しかいないという可哀想なルートに同情しました。なんで見習いのルートが一番有能なんだよ。溢れ出るデリート×ウィン推しっぷりと、ルートの妄想暴走の可愛さと、シャープ&リーダペアの可愛さが印象的でした。あとシグマ×セディユも忘れちゃいけない!

『後輩の秘密編』
→新キャラエスケープ&オルトのお話。ルートに憧れているというテイマー学校の新入生のエスケープだが、ルートはエスケープのことを信用できないある疑惑を抱いていた。エスケープ好みだと思っていたんですよ。見事にツボでした! かなりのギャップアリキャラでしたね。個人的にエスケープとルートの組み合わせも好きです。

『地獄の番犬編』
→処刑人・フォーン登場。極悪犯罪人デリートを追っているフォーンだがその理由がなんかおかしいという話。こういうのも因果応報というのでしょうか。フォーン×デリートが、もしかして一番絡みシーンで長かった気がするんですが気のせいですかね。この二人の場合、暴力(躾け)シーンも長かったからそう見えるのでしょうか。
じっくり長々描いて頂いて、デリート受派の方も本望だと思います。私? ちょー楽しかったよ! 本当に、こんな長々ありがとうございます。他ももっと長々描いて欲しいです。あと、本番ないけどデリート×ウィン派の方も満足だったと思います。おかしいな。本編はウィン攻めで始まって、最終的に受け受けしさ半端ない番外編で終わると言う。

【だいたいこんな内容】
 そんな訳で、全面的な主人公×攻略キャラって感じのゲームではないです。ウィンは可愛い子同士(※ただし魔物♂限定)絡ませるのも大好きなので、使い魔同士とか、よその子相手とかに平然とエッチ強要しますし。ゲスイキャラに凌辱されたりとかありますしね。ただ、描写あっさりですし、みんな終わった後平然としているので、そんなに見ててツライ訳じゃあなかったです。二作目のデリートのやりたい放題シーンは結構痛々しいですが。
 あと、恋愛フラグが主人公だけじゃあないので、そういうのも気にする人は気にしますかね。それと、最初ウィン総攻だったのに、受シーンあります(回避可だし、フリー版だと一切ないです)
このように、なんでも美味しく戴けるタイプにオススメします。固定CPに拘るタイプは、まぁぱっと見で手出さないでしょうけど遠慮した方が良いと思います。

【フリー版と完全版の違い】
 この作品は、フリー版もあって一作目の「たいぴんぐDEテイミング!」と二作目の「テイマーVSテイマー」のセディユEDとシャープEDが遊べます。二作目はセディユがメインストーリーなので、これだけやっても物語はきちんと完結しているので、フリー版でも十分満足できると思います。
そもそも一作目の時点でボリュームあるので、無料版もオススメしたいです!

 じゃあ無料版にあって完全版にない決定的なものは何かといえば、完全版にはウィン受とデリート受があるんだよ! 攻めキャラを受けにしたい趣味の方は迷わず完全版買おうネ!
あと私の最愛のキャラにして、かつて断トツの人気キャラだったらしいルートのEDは完全版じゃないと見れないので、本当に買ってよかったです。はぁ~ウィン×ルートは本当に良い。

【好きキャラ】
・ルート(ウィンの後輩のテイマー見習い。一見タダのワンコ後輩系と見せかけて、なんかいろいろ最強だった。私の最愛。もはや何やっても可愛くて仕方ない。ウィン好き過ぎるルート可愛いよ!)
・シャープ(猫の獣人。人間嫌いで弟を大事にしている。何故か関西弁。ツンデレ。シャープ可愛すぎてウィンから掻っ攫いたい。本気で掻っ攫いたい!)
・シグマ(上位悪魔。フリーダムな悪魔にしては常識ある方かと。セディユに対するシグマがイケメンすぎて惚れる。出番もっと欲しかった)
・ウィン(魔物♂ハーレムを愛でる変態主人公。余裕たっぷりキャラがだんだん振り回されたり取り乱したりして萌えキャラ化しているところが好きです)
・デリート(快楽殺人強姦を繰り返す極悪賞金首のテイマー。単純馬鹿。馬鹿な子ほどかわいいんですよね。分かります。悪人なおかげでデリート苛めるのは罪悪感なく楽しいです!)
・エスケープ(ルートの後輩。もっと出番欲しかった! おまけのスペシャルボイスが彼だけあまりにエロくて困りました。病獣楽しみだ)

【好きCP】
・ウィン×ルート
(だってツンデレ攻だよ! 人間に興味なかったウィンにとって唯一の例外だよ! こんな風にウィンを振り回せられるのルートだけだよ! ここの組み合わせ本当萌えました!)
・ウィン×シャープ
(シャープがウィンのこと好きだから応援するしかないじゃないですかー! でもコンビ的にも好きです。だいたいウィンのお使いを「なんでオレが……」と言いながら毎度しているのがシャープなイメージですし。良いボケとツッコミの主従だなー)
・シグマ×セディユ
(個人的趣味で言うとシグマ受けの方が好みですが、セディユEDのシグマの台詞にオチました。私がセディユならもう抱かれてもいいや。シグマの愛を応援します!)
・リーダ×カレット
(NLですね。でもいつかくっついて欲しい二人です。カレットのトラブルメーカーっぷりが可愛い)
・デリート×ウィン
(流石にくっついて欲しいとは思いませんが、見ていて楽しいなぁ。ウィンはデリートのこと本当に嫌いなのが良い。そして嫌がられて楽しんでいるデリートも良い)
・フォーン×デリート
(というかデリート受全般。デリート苛めるの楽しいです。私が続きで一番見たいのは、ウィン×ルートとデリート受描写かもしれない・笑)

【総評】

 新キャラ投入でまだまだ続きそうな感じだったので、番外編見ちゃうと逆に物足りなくなりました。くっついて欲しいCPとかいろいろありましたし。でもトータルの内容は充実していてすごく楽しかったです。
キャラが魅力的だし、色んなCP美味しいし、雑食派な人には満足だと思います。

 そうそう。旧ブログのリンクを辿るとこぼれ話があって、そこに「ウィンとルートの出会いの話」があります。
これ、ウィンとルートの出会い、ルートとチビ竜との出会い、ルートの境遇などが分かるすっごい重要な話なので「テイマーVSテイマー」の前に読んでおくと良い感じに補完されると思います。これ本編に組み込んだ方が良かったですよ。見つけて良かった。


以下、ネタバレキャラ雑感(あとやたら長いウィン×ルート語り)



※とちゅうで疲れたので、後半のキャラの感想が簡素になってしまいました。

【ウィン】
 主人公。魔物♂にしか欲情しない変態天才テイマー。読み進めると、実は内面がすっごいかわいい人なんじゃないかなぁと思いました。というのも、1作目のルートのお話で「人間にこんなに興奮するなんてはじめてです」と言った後にその理由について「あなたの純粋さは魔物に近いんでしょうね」というようなこと言うんですね。
それはつまり、ウィンが魔物を愛でる趣味なのは、魔物が純粋だから。ウィンは純粋な子が好きだと言うことになる訳で、それってすごくかわいい人じゃあなかろうかと思う訳です。純粋な人が好きな人は、その人も純粋だからだと思うんですよね。
人間に興味はないし、仲の良い人間の友人もいないウィンは、魔物を支配して驕っているテイマーがほとんどな現状にやりきれないものを抱いてるんでしょうね。ウィンは人間には期待していないんだと思います。
だからルートの存在はすごいイレギュラーで、どうしていいのか分からないんでしょうね(この辺りのウィン×ルート語りは後述します)
ウィンの良い所は、魔物に対する愛ですよね。自分のものになった魔物は、決して手放さない。
エッチなことさせるのもウィン本人の意志でさせるなら良いけど、他人に勝手にされるのも我慢できない、良い変態主人公でした。私はルートとシャープスキーだから、ウィン攻派なんですが、リーダEDのデリート戦負けイベントのウィン受はすこぶる萌えました。あれはずるい。たまには良いよねウィン受!

【ルート】
 ウィンを尊敬してる後輩テイマー見習い。ルート君は物語が進むごとに、どんどんぶっ飛んだキャラになっている気がするのは私の気のせいでしょうか。カレットが「あんな普通な子がウィンの側にいるなんて!」とか言ってましたが、絶対にルート普通な子じゃないから! と、ツッコミいれたくなりました。
お仕置きしても「先輩が構ってくれて嬉しいなぁ」としか思わないし、ウィンが変なこと言っても「たまに本当に分からないことをいうが、そういうところも大好きだ」とか、こいつもうダメだと思うことしか考えてない。超可愛い子でした。こっちもルートが何やっても可愛く思うようになっちゃったよ!(私も末期) 暴走しているルートは本当に可愛い。
ルートの一番凄い所は、ウィンを相手にまっとーに恋愛しようと突き進んでいるところかもしれない。
ルートEDでテイマー学校卒業したら、テイミング用の契約の指輪をウィンにもあげようと考えているシーンを見て、ルートはウィンのものになるだけで満足している訳じゃあなくて、ウィンに自分ものになって欲しいんだなぁ、と感心しました。例えば、シャープなんかは自分が好きなだけでそういうことは考えてないでしょうから。
けどそんな風に、パワフルに好き好き押せば、絶対いつかオチますね!(断言)
公開日未定の「どりおち」ページのルートのキャラ紹介がツボでした。ウィンと結婚したいのか。そうか。ルートならいつかマジで出来そうな気がするよ(優しい目)
それにしても、ルートって凄いですよね。ルート本人は、あくまで勉強してるだけの秀才の分類だと言ってましたが、テイマーはまずは素質だと述べられたように、絶対ルートも天才の分類だと思います。見習いなのに、クォートに高く評価され、ウィンもテイマーとしてのルートは一貫して対等に評価しているんですよね。いやー、ルートの将来が一番気になります。すっげーテイマーになってそうだなあ。
あと、ルートがずいぶん薄倖な生い立ちだったことが、旧ブログのこぼれ話読むと分かるのですが、これ読むとルートが『死ぬ』って選択肢あっさり出しちゃうような子な理由が分かりますね。何も持ってないからあっさり自分を捨てられる。切ないなぁ。

【番外編:ウィン×ルート語り】

 ここの組み合わせはすこぶる萌えました。
まず何度も繰り返しますが、人間に興味なかったウィンが唯一例外にしちゃった人物って時点でルートはかなりアドバンテージを得ているんですよね。ただルートにとって魔物と人間に対する意識の違いがあまりないから、ウィンの中でどれだけ特別かまったく気づいてない。もったいない。

 どうしてルートが例外になったかは、ウィンの項目で語りましたが、要するにルートがウィンの好みだったんですよ。
ただ、ウィンはあの事件の前からルートに対する好感度は高かったんだと思うんです。
というのもウィンのルートに対するテイマーの評価は最初から一貫して高くて、未熟扱いはほとんどしていないんです。ウィンってテイマーとしてのルートは対等として扱っているんですね。その辺り私はツボでした。ウィン×ルートは実は関係性が対等だからあんなにウィンを振り回して照れさせることができるんですよ。
テイマーとしてのルートってウィンがこうあるべきテイマーの姿に沿っている。自分の魔物を大事にして契約の石で支配する必要なんて本当はないと思うような関係。
だからウィンは初期からルートのことは結構好きだったと思うんですよね。

 じゃあなんでウィンがルートに素直じゃなくてツンデレっちゃうのかというと、やはり相手が人間だからなんでしょうね。 ウィンが人間に興味ないのは、人間で仲良い人いないという言葉を考えると、恋愛面だけでなく交友面でもそうなのでしょう。つまり人間に興味がないというよりウィンは人間嫌いの気があるように思えます。
ウィンの過去はちらっとしか分かっていませんが、家庭環境が悪かったんじゃないかなーと推測します。テイマーの名門ドズ家に生まれて、支配するだけのテイマーばかりの現状に嘆き、人間嫌い気味なんですから、絶対にろくでもない親だったんだと思います。
ルートの過去話を読んだ時、むしろウィンがこんな感じの境遇だったんじゃないかと思ったぐらいです。人間よりも魔物が心の寄りどころだった。ウィンもそうだったんじゃないかな。だからウィンは魔物に愛情を注ぐんだと思います。ウィンにとって人間よりも魔物の方が愛情深くて愛すべき存在で愛してくれる。これまたちらっと出た寿命を知らずに死なせてしまった獣人の過去があるように幸せにしたいんだと思います。

 ウィンが魔物にデレデレなのは魔物を信じているから。自分の使い魔を幸せにする自信があるし愛し愛される自信があるから。それが過去の経験の賜物なら、ウィンがルートの想いに戸惑うのは人間に愛されたことがないからだと思います。
愛されたことないから人に好かれるということが分からない。分からないものは信じられない。自分が好きではないものに好かれるということが理解できない。
結果、愛される自信がないウィンは少なからず好意を抱いていても、素直に好きだなんていえないんですね。だからルートが離れていっても引き止めようとなんて出来ない。
そして二作目のルートエンドになるんですが、ウィンのあの台詞がすごくいい。ルートが「先輩を好きという気持ちを分かってもらえなくても知っていて貰えるだけでいいのに。伝わらないなんて」(要約)という台詞に「知ってるけどまだ分からないから教えて欲しい」(要約)って言うんです。つまり、ウィンがルートの気持ちを分かりたいと言っているんです。分かりたいってことは受け入れたいってことなんです。あれだけ一生懸命好き好きアピールされたらそりゃあ伝わりますよ。伝わったけどまだ信じられない。でもその気持ちに応えてあげたいって返答なんですね。だから自分が理解できるまでもっと好き好きアピールして欲しいって言っているんです。

 ルートみたいな人間もルートみたいなテイマーもウィンがいて欲しいと願っていた存在だと思うんですよね。
ルートの存在はウィンの弱いところをついてるし、ウィンがきっと本当は欲しかったものくれる存在なんだと思うんです。そう考えるとこの二人の関係がたまらなく好きなんですよね(長々と失礼をば)

【シャープ】
 人間嫌いの猫の獣人。ウィンの使い魔の一人。猫耳/眼帯/兄属性/関西弁/ツンデレ/健気従順/過去持ち/世話焼き/料理上手とか、属性盛り盛りですね! カレットの評価はなぜか「不良猫」ですが、シャープは良い使い魔ですよね。可愛いからだけでなく、ウィンが羨ましい。
というか、獣人は『人間大好き』という評価をウィンが下していましたが、シャープもリーダもエスケープも共通して、主人大好きで健気で従順な面があるのがたまらないです。人間の勝手で生まれたのに、人間が好きなんてなんて愛おしい生き物なんでしょうか。獣人見てると、ウィンの気持ちがよく分かります。
シャープは2作目のルートVSの負けシナリオ「シャープの悪夢」があまりに可愛くてハート完全にかっさらわれました。これ、ツンデレが崩壊して素が出て「捨てないで」って言うのも可愛いのですが、一番きゅんとしたのは、これは自分の弱さが見たもので、本当のウィンはこんなことしない。ウィンのこと穢してしまった。と、最後に思い至るところ。そんな風に考えられるシャープって本当に、優しいんですよね。シャープは大事な人や知り合いを傷つけられることが一番嫌で、自分が犠牲になった方がましだと思う。逆に言うと、シャープは誰かの為にしか生きられない子でもある。だからシャープが本当に欲しいもの(これさえあれば生きていられるもの)は、絶対にどんなことがあってもなくさない居場所だけ。
シャープはウィンに出会えて良かった。本当に、良かった。幸せになって欲しいよ。

【セディユ】
 ツンデレ天使。褐色肌は不吉と言われてるせいで天界から駆除対象とされ追われている。当初は人間を「下等生物」と見下していたが、見下していた人間であるはずのウィンや、汚らわしい悪魔であるはずのシグマたちに影響を受け徐々に考えが変わってきた。セディユさん、あの悪魔みたいな悪い顔している時が好きです。
世間知らずだった当初に比べて、最近は年長者らしい振る舞いが板についてきましたね。
シャープがセディユのこと尊敬している風なのが意外でした。この二人って本当に正反対な性質しているじゃあないですか。ちょっと悪い言い方になるかもしれませんが、一番大事なのが他人なシャープと一番大事なのが自分の尊厳なセディユ。気は合わないと思っていました。
2作目のセディユEDはウィンとのやりとりが大人な感じで悪くなかったですけど、死に方聞かれたシグマが「小鳥を逃がすために死ぬ」と答えたせいで、もうシグマのあまりのかっこよさに陥落しました。シグマ×セディユ全力で応援する! また、強制じゃなくて自分が好きで行動している感じが良いんですよね。「小鳥が幸せそうなのを見るのも好き」とか言われてダメ押しになりました。シグマ好きだー!(あれ、いつの間にかシグマ語りに)


【シグマ】
 マイペース悪魔。マジイケメン。シグマ出番少ないですよー! この子はもっと余力があるはず。シグマ×セディユは語りましたが、シグマ受も美味しいと思うんですよね。一作目の変身したピリオド×シグマシーンとか好きだったりします。
人間が悪魔とエッチすると死んじゃうなんて、くそー。ウィンってばいつかその問題解決してくださいよ!
それで、ウィン×シグマ本番ください!

【デリート】
 最初、極悪残忍鬼畜攻めだったのに、さんざんな目にしかあってないという。ウィンは「あなたに会ってからろくなことない」とか言ってましたが、むしろデリートの方がひどい目に合いまくってる気がします。
しかしデリート人気ですよね。かつての人気投票2位とかどういうことだ。シャープがデリートより下とかわけわかんないよ。いや、そういう私もデリート好きですけど。デリート好きは、あれですかね。デリート受派とデリート×ウィン派に分かれるのでしょうか。私はどっちも好きですけど、どちらかというとデリート受、ウィン攻派です。デリートっていじめがいあるわー。

【エスケープ】
 吸血鬼――じゃなくてコウモリの獣人。ホストイメージなのか、そう言われれば納得するような。
エスケープ番外編だけの出番とか勿体ないぐらい良いキャラでした。真面目なのかいい加減なのか、いじましいのか大雑把なのか、ネガティブなんだかポジティブなんだか、よく分からない塩梅なのがツボでした。エッチシーンでルートに「ルート優しいんだもん。嫌いになれない」とか言ってきたときは、なんかもうたまんなくてクラクラしました。これは絆されちゃうよ。
ビッチ属性って訳じゃあないんでしょうけど、エロいし、誘い受良く似合う子だと思います。スペシャルボイスで「エッチする?」って聞いたエスケープに対して「寂しいからそういうこと言う」的な指摘がありますが、それがエスケープの本質なんだろうなぁと思いました。とにかくあんなエロいエスケープさんのエロシーンはもっと見なきゃ損だと思いました。あと、ウィン誘って、ルートをあわあわさせてるシーンみたいわー。きっとその後ルートに邪魔されて「じゃあ混ざる?」ってことになるだろう。

【ピリオド】
 魔界の次期魔王。デリートとウィンが好みなピリオドさんまじ良い趣味してるっすね! 流石ウィンを超えるドS属性。
攻めキャラ受けにしたい趣味な人はピリオド応援してくれるよ!
ピリオドは『一度見た人に変身できる』という素晴らしい能力お持ちなので、エロいことにいくらでも活用できますね。ピリオド頑張れ。応援する。

【カレット&リーダ】
 名門テイマーのお嬢様とその使い魔の兎の獣人。カレット可愛いですよね。特に『地下遺跡編』のカレットがあまりに馬鹿だったので、すごい好きになりました。リーダ×カレットくっついて欲しい。リーダがさり気なくカレットにデレてるの見るとほっこりします。
なのでウィン×リーダとかリーダ受けは、ちょっとなーと私は思っちゃいます。私は、カレット派なんです。
幼馴染で主従とか、リーダ×カレットは本当に美味しい。なに気に、カレットとシャープ、リーダとシャープの組み合わせも好きです。カレットがシャープ相手に照れてて「おっ」って思っちゃいました。リーダとシャープは地下遺跡がツボでした。マタタビシーンは可愛かったなー。あと、お互いの耳を引っ張り合う二人はCG欲しかったです。獣人って本当に可愛すぎる。
スポンサーサイト

Re: プロのアニメーターさんですか?

>奈良の亀母様

 早速プレイしていただいてありがとうございます!
無料版でも十分楽しいので世に知らしめたいと思いあんな長いレビュー書くに至りました。
タイピング飛ばせるから良いですよね。でも難易度はそれ程高くはなかったですよ。
お子様組はアダルトシーン必要なかったですよね。2作目からそういうのとは除外されていて良かったです。
Dかぁ。ウィンとピリオドの方が可愛い気あるような、と思った後で、左手はやたら可愛かったことを思い出しました。ルート君は良い子ですよね。可愛いですよね(思いっきり食いつく)

プロのアニメーターさんですか?

タイピングがド下手なので敬遠しておりましたが、熱情迸るレビューを
読んで思い切ってフリー版をダウンロード。タイピング抜きでもお話が進む親切設定で良かった。でも子猫ちゃんと妖精さんのシーンは薄目で
読み飛ばしましたが。二人は鬼ごっこしたり花壇を作るだけでいいよ。
ウィンは格好いいのにエロイ考えに耽るとセンチュリースープを飲んだトリコみたいなご面相に。ルート君、本当にいい子ですね。あと絵が上手すぎますわ。
ウィンとピリオドの関係を見て「吸血鬼ハンターD」を思い出しました。
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索