俺たちに翼はない プレイ記⑤

 だ、だ、誰かッ! シュウちゃんと付き合うにはどこに行けばいいのか教えて!?←(うん。正気に戻れ)


 お、お、落ち着きました。コンバンワ。二章「千歳鷲介編」本編クリア!
大丈夫です。鷲介は日和子さんの王子様だって分かってるから。

 いやー、一章は恋愛過程が寸足らずでしたが、二章はプロローグ? 前半部分から恋愛過程を丁寧に書いてらっしゃったので、文句なしに素晴らしいシナリオとして最後まで終えてくれました。

 暫定一位の、ベストカップリング賞(私個人の)をシュウちゃん&タマちゃんカップルに送りたいです。お前ら、お似合いだ! 死ぬまで一緒にいろ! あと店長は、カケルくんをアレキサンダーで働かせるなんて暴挙は止めろ! 店が潰れる!! でもある意味面白そうだ! ちょっと見たいぞ。

 このー、甘々カップルめ! 甘々カップルめ! やっぱり少女マンガっぽい雰囲気が随所に込められてるのは、タマイズム路線を目指しているせいか。
私が思ったとおりあの「王子様」ってキーワードは伏線でしたね。うんうん。最初の合コンごっこの話ですよ。

 鷹志の課題が、現実を受け入れることなら、鷲介の課題は、一歩踏み込んだ本物の人間関係を作ることって感じでしたけど、元々鷲介って主人公達の中で一番大人だったと思うので、どちらかと言うとヒロイン成長物語でした。

 アレキサンダーいいなー。楽しいもんな。本当、カケル君十分楽しそうだったもんな。

 そうそう、真実を知ってカケル君と鷲介の仲はもうちょっと揉めると思ってたのですが、シュウちゃんあっさり許しちゃいましたよ。
おーい、カケルくん。友達だと思ってた人に「お前なんかどうでもよかった」なんて言われて怒らない人いないよー。あと「監視」と「トモダチ」はイコールじゃないよー。
そういえば、鷲介が怒るって貴重なシーンですよね。

 うぅん。鷲介にとっては最初からカケル君って「遊んで欲しい子供」イメージだし、自分の兄弟の一人を大切に思ってくれてる人だし、最初はどうでもよかったけど、今は面白い(意訳)って言ってくれたからいいんですかね。あんな失礼なこと言う男だぞ。友達選ぼうよシュウちゃん。

 で、結局「今度鬼ごっこして遊ぼうね」「OK」みたいなノリで遊ぶ約束して終わった。(やっててもさっぱりわからない終わりだよ)

 終盤の行動見る限り、あれは面白いからバラしたのか、カケル君なりの優しさだったのか判断付かないけど、シュウちゃんは末永く付き合ってあげるつもりのようです。

 残りのカケル君問題(あの身体にヤバイ、アレですよ)は、妹さん(3章)で解決してくれるのかな?

 あと山科氏は、京ちゃんのお兄ちゃんですか? プレイヤーの代弁者ですか? ラストがな。「それ、何てエロゲ?」→俺つばです!
でも読んでて「分かった! 頑張る! 私も頑張る!」って気分になるゲームだなぁ。

 あぁもう、文句なしに面白かったよ二章!

 そして恐らくエロシーンで一番色気のないカップルだったよ! だがそこが良い!(シュウちゃん理論)エロシーンでのシュウちゃんの気づかいっぷりは、女性的にポイント高いよ。

 くそー、日和子さんが鷲介を好きな理由と言うか、過程に私が(プレーヤー)が共感してどうする!
って思うぐらい頷いちゃうのが、ライターさんってば人間観察が出来た方な証拠ですね。

 日和子さんのときめきポイントが理解できちゃう。くそ、シュウちゃん、私と付き合って!(まだ言ってる)

 あ、勿論シュウちゃんがベタ惚れになる日和子さんの魅力も半端ないです。
なんかこの二人は相乗効果で魅力的です。どうぞどうぞ、いちゃいちゃしてください。それ見てるだけで幸せです。キュン死にです。

 うーん。あとは、あれですね。各章のEDって恐らく4章の布石(各主人公たちの成長)なので、やっぱりエピローグに違和感が。まぁ、私はえこひいきしまくりで、シュウちゃんが幸せなら満足なんですけど。やはり鷲介が書く小説はそれだったか。うん。このゲームの全キャラ=シナリオライターが多元世界の真実ですからね。

 ところで、私は一章→二章とクリアしましたが、先に二章からクリアできるんですか? やはり先に1章クリアしてないと、二章の最後って違和感があるんですよね。固定で良い様な。
よし、二章クリアしたので、三章の選択肢縛りが解除されますね!

 よし、頑張るぞ!
スポンサーサイト

theme : 美少女ゲーム
genre : ゲーム

Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索