スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファタモルガーナの館 4章~6章 覚書感想

 4章。美しい悲恋。最後の物語――とか言っておきながら、むしろここにてプロローグ終了でした。
まるでディズニーアニメでも見てるようなおとぎ話っぷりに、オチで「ですよねー」ってなった。

 5章。今までで一番共感しやすい感情を持つ人間味溢れる二人。正直、精神的引きこもりな私はミシェルに共感しまくり。ミシェルいいなー。私、残念な美形大好きだし。いや、ミシェルは――あれ、結構男気あると思うんだけど、なんかいい男だと胸を張って言えないのはなんでだろう。こー、ヘタレでもないし、ものすごく尻に敷かれてる感あるけど、うん。なんかどことなく残念なんですよねミシェル。押しに弱いからかな。そういうところが好きです。
あと、ジゼルのおっぱいがけしからん。ミシェルはそのことに言及してないのはおかしいと思います!

 6章。こうなってくると、今までの1~3章は所詮表層をなぞっただけの核心には至っていない物語と言う訳ですね。
さり気に、1章が一番伏線を提示されていたのかな。謎が謎を呼び。まだ全然何も分かっていないようなものじゃないですか。

 6章後のインターバル。メルに「一発ぶん殴ってやりたい」と思ったミシェルに「私も同じ気持ちです!」と激しく同意。メルは、誰かぶん殴ってくれる人がいれば良かったんだと思うよ。なんかこの二人仲悪そうで良いコンビだな(笑)
やっぱ、1章の隠された物語が、とても気になる。
 地下倉庫で「これ入ったら殺されないかな……」と、ビクビクしていた私は――でしたね!

 さーて、次が最後の物語かな? 魔女モルガーナのはじまりの物語。だと思いますが。
一番気になるのは、白い髪の娘なんですよね。今までの話を聞くと、白い髪の娘=モルガーナかなって思うのですが。
3人の男たちを不幸にし、ジゼルを騙して自分のしもべにするため、ミシェルと名乗り嘘くさい聖人のような少女を演じていたというのが理にかなうかと。
だってこうなってくると、白い髪の娘が良い子すぎて嘘くさいんですもん。

 あと、絵画は、お兄ちゃんかな? 絵教えてくれたのは兄って言ってたし。名前知ってたし謝ってたし。


彼女が何者なのか、うーん気になる! プレイしてきます!
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。
感想、コメントは歓迎。お返事します。※ただしお返事はあまりはやくないこともありますのでご了承ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。