スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ZEXAL 1期(1話~73話)まで感想。

【全体的な感想】
 ってことで1期全部見ました。なんか、50話台から話がやっつけ気味(ご都合主義やなんかおかしいよ設定が)になっていたような気がして否めないのですが、ところどころ面白い回もあったし、「家族愛」ってテーマは貫けていたので、まぁ良かったかな。特に、敵も味方も全員最終的に救済したのが、珍しいと思うのですが、遊馬のキャラクター性と年齢(13歳主人の物語)を考えると、あっても良いんじゃないかなーと思いました。
世の中たまにはこういうのもアリだと思う。最終話を、カイト救済にしたのも良かったですね。やっぱ、子供に未来と希望の道に進ませる為の物語であり、そして主人公なんだーとほっこりしました。
2期でまた雰囲気変わるだろうし、私の感性に合うか楽しみと不安がドッキングです。

 で、2期ですよね。ところどころネタバレ聞いているので(というか、そのせいでゼアル見る気になった私)、遊馬に感情移入しまくりな私が、「こんな13歳の子供にひどすぎる展開あってたまるかー!」と叫びながら壁を殴りつけないか、今から自分で自分が心配ですね!

 しかし、遊馬という主人公は、普通なら諦めてしまう状況で、つらくても苦しくても根拠なくても馬鹿にされても『諦めない』からこそ、人の心を動かせる子なので、どん底展開があってからこそ輝くのも間違いないんですよね。
つらいけど、楽しみ。

【好きな回とか】

①11話、12話「シャークさんとのタッグデュエル回。遊馬もかっこいいしシャークさんもかっこいいし話もデュエルも面白いと言うとんでもない回。1ケタ回後半ぐらいからゼアルが本当に面白くてビックリしたなー。こういう一見熱血馬鹿キャラの主人公にきちんと醜い感情持たせて、それでもその感情に負けないでここから正しい道にやり直せるって展開がとても良いですよね」

②13話、14話「カイト登場回。ここから最終回まで私の中でネタキャラの印象は払拭することはなかったカイトさん(笑)こうやって見直すと、この辺(シャーク回から)のデュエル面白すぎて、今のワンパターンが残念すぎる。登場したライバルキャラの強さを遺憾なく描いて楽しかったな」

③19話「デュエルなし回。遊馬の授業参観と父親との思い出の話。この私で遊馬がいかに魅力的なキャラクターか確信した。前からどっぷり感情移入してましたが、もう抜け出せないぐらい好きになった回。遊馬は元々、主人公気質だった訳じゃない。とても普通の子が、諦めたら自分の中に良い所を一つも見つけられずに空っぽになると知ってしまったから決して諦めたりできなかった子。だから、ありふれた人の心に共感してくれる子でもある。こー頑張って頑張ってやっと報われる子に弱いので、2期で遊馬が幸せにならない未来とかあったら私外飛び出して叫びまくるよ」

④29話と30話「アンナ回と野菜回。ギャグですね! でも好きです。アンナちゃん萌えキャラすぎる。野菜回はギャグだけど燃え展開でもあるよね?(謎)」

⑤37話「ゴーシュとドロワと戦う回。再会できた時のアストラルのデレと遊馬のツンデレが面白い(可愛い)のですが、冷静に考えると徳之助助ける必要ないとか二人がかりは遊馬にせいとかARなのに吹っ飛んだり怪我するのおかしいだろとかゴーシュとドロワ悪くねぇとか言いたいのですが、まぁ二人の仲がここまで良くなって良い相棒になってるのが再確認できて良かったですね」

⑥46~49話「Ⅲと遊馬の見ていて痛々しいデェエル。心は重なっても手を取れないこの切なさ。子供が自分ではどうしようもないことで傷ついてるのがつらい。本人がそれでも必死になろうとしている分。八つ当たりするしかないⅢの気持ちも痛いほど分かるし、記憶操作されてアストラル奪われてどん底の遊馬もつらい。つらいけど気持ちが篭ったお話で面白かったな。Ⅲと遊馬が仲よく友達してるシーン見たいです(泣)」

⑦52話「これもある意味ギャグ回だな(笑)アンナ「細かいことは気にするな男だろ!」という台詞にすべて集約させる回。アンナ萌えも当然ですが「こうなりゃ正真正銘のダイレクトアタックだ!」が迷言すぎて腹筋崩壊しかけた。流石、遊戯王! こうでなくちゃね!(歓喜)」

⑧55、56話「V対カイト戦。50話ぐらいからゼアルの良さが消えてた気がしてたのですが、この回は話の展開が今までのゼアルっぽくて良かったですね」

⑨57、58話「Ⅳ対シャーク戦。話が面白いというよりトロンのⅣいじめが面白くてだな。そして58話でⅣ×璃緒萌える! と目覚めそうになる。えーっとⅣはネタキャラ且つ萌えキャラでしたね(えっ?)」

【好きなキャラとか】

キリが良いのでベスト5で書き出してみた。一番意外だったのは私がトロン兄弟大好きになったこと。

①遊馬「何度も言ってるけどこんなに感情移入できて肩入れしたくなって、周りから愛されてる事に涙がでるほど嬉しいキャラそうそういないよ。好きな点散々書いたけど、改めて簡素に言うと『元々普通の子で天才でもヒーローでもない』『馬鹿で決して諦めない熱血キャラは努力の果てに手に入れた場所であること』『人の心を察するのに長けその人の心に寄り添ってあげたいと思っている』『悪感情もちゃんと持っていて他人の悪感情も肯定してくれる。ただし悪感情は抱いてもそれを乗り越えて人はそこから善い未来へ乗り越えられるという信条でいること』こんな感じかな?」

②シャークさん「遊馬のことばっか書いてたけど、実はシャークさんもそうとう私好きですよ! こー、精神攻撃うけまくっていて落ち着く暇ないのが不憫ですね。今後もメンタルガタガタ時期が多いだろうと思うとシャーク好きの私もつらい。遊馬とはあくまでデュエルでの『友達』というコンセプトなのかなーと見ていて思ったのですが、2期では学園生活で普通に遊馬と一緒にいたりするみたいなのでそれはそれで楽しみですね」

③アンナ「萌えるものは萌えるんだからしょうがない! 男気あってさっぱりしてて暴走一直線なおっぱい大きくてアホの子で乙女心もあるキャラとか萌えるなと言う方がおかしい。アンナ可愛いよアンナ。二期もアンナ回あるよね! 2回ぐらい出番あれば十分です! アンナ可愛いよアンナ。」

④Ⅲ「本名が実にそれっぽい! 元々見た目可愛い男の子って好きじゃないはずなのですが、私が苦手なのは自分が可愛いと理解してるあざといショタキャラなので、Ⅲは見た目可愛いけど声も中身もきちんと男の子してたからアリでしたね。Ⅲ可愛いんですよ! 良い子だし! 再登場楽しみです!」

⑤Ⅳ「くっ! ⅢはともかくⅣなんか好きになるはずないと思ったのですが、蓋を空けたら父親に愛されたいだけの不憫な子(まぁ当然被害者面すんな!もごもっともでもある)だし、トロンに苛められるⅣとか見ると、いじりキャラとしても本当にツボだしで、すっかり好きになってました」

 ちなみに好きなコンビとかだと、
当然の「遊馬とアストラル」(もはやいうことなし)
「遊馬とシャークさん」(シャークさんの精神安定時のアホな遊馬に穏やかに会話してくれるシャークさんが好きでだな)
というか「三勇士」(主人公とライバルズどの組み合わせも3人組でも可愛いですね。よく考えると兄属性の年上ライバルと末っ子属性の主人公なんですね。だからなのかなんかあんまりライバルって思えない節もある)
あと「三勇士とトロン三兄弟」(友達と師弟ときっと喧嘩友達という組み合わせになるかな?(笑) 遊馬の家にⅢがお泊りする想像したら可愛すぎて悶えたのですが今後そんな話ナイノー?)

【最後に】

 まだ2期があるのですが、ゼアル見て「あぁ、そうだ私遊戯王好きだったなぁ」という気持ちを思い出しました。
どのシリーズも雰囲気違うのですが、それでも一貫して「遊戯王らしさ」というものが作品群にあって、そのらしさが私は今も昔も好きです。
全部見たらまた感想書こうと思います。

 1期は、終盤ちょっとイマイチ回が多かったですが、主人公がデュエルが強いからという理由ではない部分で魅力的で、それで周りの人たちが勇気を貰って、遊馬の力(友達)になってくれるし、つらい思いをしてる人の救いへの道を切り開いてくれるってお話なのが、とても素敵で良かったです。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。
感想、コメントは歓迎。お返事します。※ただしお返事はあまりはやくないこともありますのでご了承ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。