スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼアル2期面白くてやばい。

 なんか色々考えながら2期見てたら、考察感想も迷走しだして、よく分からなくなったので、とりあえずゼアル2期がものすごく面白かった言っておく(今、そんな102話)

 私の遊馬観が他人の意見を見てたら迷走しだした。うむ。見たものを信じればいいのです。感じたものを信じれば良いのです。

 98話駆け足だったから、もっと尺とればいいと思ったけど、

シャークさん→「信じたいから信じるんだ」(自分の責任で相手を信じる)→カイト「信じているだけだ。九十九遊馬というデュエリストを」(経験で知っているから信じる)→遊馬「積み重ねた思いの力を信じている限り希望と言うカードは助けてくれる」(裏切りがあっても今まで積み重ねた絆の思い出は嘘にはならない)

この流れで、

アストラル「今までのように君を信じられない。けど希望を信じる君を信じたい」(今まで遊馬と過ごしてきた『遊馬』との思い出(絆)とここぞという時に奇跡を引き出すデュエリストとしての遊馬を自分の責任で信じたいと思った)

 って結論にさせた脚本構成が本当にうまかった。ここが良いので、駆け足でも許せた。
あと、遊馬の言葉は、ベクターとの結末の答えでもあるんですね(先を知っている人の意見として)もう答えは出てるんだ。というか初めから遊馬はそういう存在なんですよね。

 他にも色々言いたいことあるけど、トロン兄弟まだぁああああ??(絶賛待望中)とか、カイトの遊馬に対するヒーローっぷり(脚本の都合か2期カイトはあ遊馬のピンチにいつも絶妙なタイミングで助けにきてくれる)とか。言って、もう寝とく。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。