スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇をゆく者たちの宴」「本当にあったsan値が下がるクトゥルフ」「風変わりな旅行」「ラフヘローの結末」「脳髄倶楽部」視聴

 引き続きTRPG動画祭中。「闇をゆく者たちの宴」(スタヂオひまつぶし卓)見て、跳躍卓(二人組を作るさん)のところの「風変わりな旅行」「脳髄倶楽部」「ラフヘローの結末」を視聴。あっその前に「本当にあったsan値が下がるクトゥルフ」視聴済み。
どちらもリプレイ動画です。

面白かった! 「闇をゆく~」のAPPカンストコンビ(マーシャルアーツは回避のスキル吐きよる混沌すごく主人公っぽい性格だった警備員&ファンブル女王コミュ障居合の達人眼鏡娘)のぽんこつっぷりが終盤可愛くて仕方なかった(ひどい)
APP18の女装と男装という贅沢なもの見ました。二人とも同じリアクションしてたのがすごくかわいい。
ホットパンツ&ポニテあび子ちゃん可愛すぎて、女装終了した時ちょっとがっかりしちゃったじゃないか! しかし終盤のこの二人見ると、PC同士付き合っちゃっても良いのになぁと思った。やはり、跳躍は必要なスキル。
あと、顔覆って後悔してる我孫洲とか涙目で自虐する楠木さんとかすごくツボでした(だからひどい)

あと、忘れられないのは名護さんですね。最終的にクトゥルフ神話技能6割越えとか、人間じゃない。ロストしちゃうんじゃないか冷や冷やしてみてましたが、素晴らしい卓のブレーン且つ魔術師で、とてもPLが操るPCキャラじゃありませんでした。名護さんいないと顔だけやたら良い脳筋コンビが途端にダメになるじゃないか。

ってことで、PLもPCも男女半々なので、万人受けするような内容でしたね。そして「うごクトゥルフ」という俗称の通り、作り手がアニメーション制作者なので、ミニキャラが喜怒哀楽身振り手振りちまちま動いてて見ていてとっても豪華で可愛いです。
身内卓なのでハウスル-ルも多い上に、PC5名中3名が3~4セッション終了済みの探索者なので、なかなか特殊っぷり。ハリウッドアクション大好きな作者のおかげで、終盤の戦闘の派手っぷりはたまらんかったです。スナイパー三道さんかっこよすぎる。私、ライフル技能が活躍する卓初めて見ました(今まで銃系とかよりマーシャルアーツの活躍卓ばっか見てた)

あと、作者が作ったアニメーションのキャラがスターシステム的に登場するので是非同時に「魔王のセカイ」視聴もオススメします。他のアニメもすごく良いですよ。やっぱ新しい方がクオリティが高いです。一つ選ぶなら「AngelSpotter」が特に好きですね。
「闇をゆく者たちの宴」


二人組を作るさんで投稿している動画はですね。最初『SAN値』見たとき「これはひどい! いや、傍から見たら面白いけど、クトゥルフとしてはダメだろう! まぁ、仲良い友達の遊びを動画としたと考えたらありなんだろうけどなぁ」と思ってたんですが、その後の動画は、なかなかどうして面白い。

「本当にあったsan値が下がるクトゥルフ」
→大問題児! どいつもこいつも探索しない。そして、唯一まともに探索していたやつがまさかあんなことになるとは……。まともなクトゥルフリプレイ動画ではありませんが、仲の良い友達同士のひどいおふざけクトゥルフプレイと思えば、まぁ良い娯楽だったよ(笑)RPは、無駄にうまかったなぁ! 特にエリックとか、当時のアメリカ人で本当に居そうなアメリカ至上主義っぷり。あっ時代は第一次世界大戦後ですが、ドイツが戦勝国というパラレル。怪しい領主の館に招かれた探索者たちが、やりたい放題してGMのSAN値だけを削っていくと言う。
うん。でも旅行者組は、たしかにただ旅行に来ただけだから探索する理由がPC側にないのも本当だったしね。一概にPLだけが悪いわけじゃないよ(遠い目)
なんか怪しい宗教の狂信者(&宣教者)に、バケツ被ってる人いるし、南極出身でペンギン語話す人もいるしと、まぁ気楽に
見てください! ぜんぜんクトゥルフしてないけど見てて楽しいことは楽しいよ!
好きなキャラは、ジェイスだな。まともだったのに。まともだったのに、やらかしたところが好きです!

「風変わりな旅行」
→前作と打って変わって正統派クトゥルフプレイ動画です。GMは、前作のPLだったミヤタの中の人。時間旅行ネタという心くすぐるシュチュエーション。可愛いメイドもいるよ!
敵は陰陽師だ!←※陰陽師はいません。PCの化け物みたいな顔した陰陽師さんが、顔の割にかっこいいです。流石中の人が初登場のベテランプレイヤー。
安心して、楽しく見れました。正直、SAN値は、ネタとしては良いけどクトゥルフしてる動画見たかった私のツボではなかったので、これ見て他の動画も見ようと思えました。陰陽師のキャラシートは、必見。まさかシートに描かれた絵が動画用の立ち絵より恐ろしいとは思いませんでした。

「ラフヘローの結末」
→出ました! PC全員『秘密』持ちというかなりの意欲卓。嘘もOKなのでパラノイアちっくなPvPもあり。
しかも『秘密』は持寄り! まわすのにGMのガッツが試されるシステムでしたね。
しかし、意外とPCを疑うこと考えていない人がちらほら居て「あっこの卓の人達SAN値の時からPC間での協力しない傾向だったけど、疑ってる訳でなく素で協力しないタイプなのか」と思いました。クトゥルフなのに、協力しようとしないし人のSAN値削られると大喜びだし、仲の良いトモダチッテイイナー。
APP格差社会卓なのも面白かった。女性陣高いのに男性陣本当にAPP低い! けど、ネタでなくAPPにも意味があったという。

「悪いことしたなぁ」からのラストまでがもういっそ笑えるぐらい呆気なさで、真プロローグの『秘密』オープンを見て「あぁー! そうだったのか!」となる。これがリプレイ動画なのが凄い。これは、クトゥルフ動画好きは、是非見ていただきたい作品でした。OPがかっこいいんですよねぇ。
今回もジェイスの中の人がやらかすという。どうして、彼はあのメンバーの中でまともに探索プレイしているのに、毎度ED分岐の重要局面を担ってしまうのだろうか。
好きなキャラ――カレードかな。だいぶ不憫だった包帯巻探偵。メラ・ルーも好きだよ。ヒジュウも素晴らしかった。
つゆも良いウザさだった。そして、テディ。うん。頑張ったよ。
しかし、クラリスはてっきり二人に悪意があってパーティー開こうとしたのかと思いましたが、モラルとの交流や写真見ると、兄とその親友に仲間になって欲しくてグールにしようとパーティー開いたのかなぁ。それで、親友が気付いちゃって発狂して殺しちゃったんだろうなぁ。
見終わった後も、考察のしがいのあるシナリオでした。

「脳髄倶楽部」
→私の大好きな大正クトゥルフ。まだ未完ですが、実はラフヘローより先にこっち視聴。私、実は一番好きなのこの卓なんですよ。まだ完結してないから分からないけど。
なんか妙に好きなんですよね。ラフヘローでも約一名、あっさり情報オープンしてしまう人がいましたが、こっちの情報漏洩っぷりもひどい。「内密の話なんです」「分かった!」の連鎖は、もはやコントの領域。そしてやたらPCが「終わるまで帰ってこなくて良いよ!」と言われる厄介払い卓。
好きなキャラは梨家だな。職業:浮浪者。ですが、高インテリでAPPも13で悪くないという。だが、浮浪者だ。ぐへへな顔としょんぼり顔の立ち絵が妙に好きです。ひどい情報漏洩する探偵大宮も好きです。


 いやーここの卓さすが再生数多いだけあって面白い。1作目以降はネタもありつつもちゃんと探索してくれるし、見ててこの独特なノリ楽しいです。PLの発想が常人じゃないよね。リプレイ動画なのに。
オススメはやはり「ラフヘローの結末」ですね。個人的には「脳髄倶楽部」大好き。
でも「本当にあったsan値が下がるクトゥルフ」は必見ですね。これ見れば、以降のネタ&コメントが格段に楽しくなる。

「本当にあったsan値が下がるクトゥルフ」

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。