スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷーちゃん可愛いし切ないし、ファフナー面白いから生きてる

 シーラト起動させたんですが、動画見ながら作業で、話しだすと一時停止ボタン押してると、うっかり最初のセリフ見逃すんですよね。
特に、ぷー来てるのに、いつも「はっ! いつの間に来てたの?」ってなる。
待ってると来ないのに、消そうとしたり見てない時に来るんですけどあいつー。
ってことで、ぷーの追加会話らしいローマ話題見ました。
これもいつの間に! だったので、会話がいまいち記憶に残ってない。

なんかローマのなんたらさんの話題してたら、ぷーがやってきて「なんたらの話してたか。なんたらは一次資料が少ないからな。ローマ史なら俺も詳しいぜ。弟はよく研究してる」みたいな感じのこと言ってた(うろ覚え)

ジャンプラで前、ローマ史研究はどいつで盛んってことで、研究してる兄弟イラストあったからそのネタでしょうね。

あっ、竹林。歴史コピー本……。幸せかぁ。奪うことでしか自分の居場所がなかった存在が、与えることが幸せだって言えるなら、それは確かに人生全うしたと言えるのかも。やり遂げたなら、うん。幸せだよね。

そういえば、昔読み損ねてた東ドイツの本読んでるんですけど、面白いなぁ。
特に、壁出来た後も、亡命申請出し続ければ、いずれ東の人も西に行けたって点がはじめて知りました。
絶対却下されるし、仕事も清掃とか最底辺の職場にされちゃったり、子供が大学行ってたら退学だし、社会的保障を受けられなくなるけど、我慢して申請し続ければ亡命できるのか。
反社会主義思想の人は、放り出した方が政府も楽だったんですね。

あと、女性や同性愛者(マイノリティ)の社会的が平等だった点。とにかく必要なのは、労働力であり、問題なのは思想であって嗜好や性別はどうでもよかった。西は、ナチ時代からの同性愛者を罰する法律が改正されてなくて、結構最近まで残ってたみたいですね。あらー。
しかし、働きたい女性は東は嬉しい環境だったろうけど、働きたくない人は嫌だったろうな。
時代が進めば、女性が働きやすいように環境整えられたけど、昔はフルタイム労働に家事までやらされるという女性に対してひどい環境だったらしいですし。

そのあたり改善されて、最終的には託児所もばんばん作られて女性が働きやすくなったけど、そんな事情で統一後は西と東で託児所環境が違ってきちゃう。

産んだらすぐ働かなきゃいけなかった東は、0歳児から預かってくれるけど、西は3歳までお母さんに育ててもらわなきゃ健康に育たないって教育思想があるから、預かってくれるのは3歳から。
だから働きたい女性は東の託児所はありがたいみたいですね。

あと、失業。東ドイツ関連の本読むとこれが最大の問題なんだろうなぁと思います。
結局、資本主義の商売のやり方は東の人わからなかった。
だから統一後は、西からの人材が経営のトップ陣営を占めてしまう。
東の人たちは職を追いやられちゃう&社会的地位がぐっと下げられてしまう。

それに加えて社会主義はぜったいに失業なかったとくれば、東の人たち不満だよ。そりゃあ不満だよ。
東西格差の話題で東の人頑張れって言う人はわかってないよね。
違うんだよ。東の人は頑張りたくても、資本主義の環境に遅れてやってきたから、頑張るための居場所がないんだよ。

ちなみに読んだのは「私は東ドイツに生まれた―壁の向こうの日常 」と「ベルリン―東ドイツをたどる旅」
前者は東ドイツ生まれの東ドイツ人の人が書いた本。
ごく一般的に暮らしていた東ドイツの人で、だからこそ東ドイツのことが好きだという思いで書かれた本。
もちろん、不満だったことや問題だったことも書いてありましたが、一般人として特に政府やソ連の不利益をこうむったわけではない普通の東ドイツ人の人が書いたってのが、良かったです。

後者は壁崩壊の時に東ドイツに留学していた日本人の人が書いたもの。若い外の国の留学生からしてみれば、社会主義も壁崩壊も他人事で、当時よく分かってなかったとのことで、『たしかにな』と思いました。
ということで、前者の本と180度違う言い方悪いですが、冷めた目線なのですが、こういうアプローチも悪くないです。
二つ読み比べると楽しかったです。
前者の本で日本人留学生もいたーとか。自分の家は職場でのポストが良かった電話持ってたとか書いてあるんですよ。
で、後者の本には、普通の留学生だったけど研究者留学生用の寮使わせてもらったから部屋めっちゃ良くて電話あったけど、同じように電話持ってる人にはたまーにしか会わないので、他の留学生たちに話すと「その人ヤバい人なんじゃ」って言われる。要するに、電話持ってる奴なんてシュタージ協力者じゃないのか? って思われるということ。

だから、職業とかポストとか知らないで、電話の話したら、前者の本の作者さんのお家は協力者だって疑われていたんじゃないかと思った。

あと関係ないけど、ファフナーOPループ動画から抜け出せない。歌詞がががが。
傷を負った→聡士
世界を知った→一騎
強く儚い果実→(二人のこと(もしくはこの世代の子たち?))

で、『付きまとう責任の重さで熟れ落ちて土へ帰る』

映像が一騎さんじゃないですかやーだー。映像なしでも『果実』が『熟れ落ちる』なら総士と一騎じゃないですかやーだー。
更に怖いのは『颯爽に早熟な実を食らいつくすの』って、後輩組の死亡フラグがやばいじゃないですかやーだー。

まぁ「さよ微笑」が騙されたー! だったので、違うかもしれない。うん。そうね。
『堕天使』って、元は天使でしょ? なんか今までそういう名前のもの出てきたっけ。なんとなくファフナーの機体っぽいかなぁ(機体名でありそう)と思ったから、『早熟な実を食らいつくす』って、精神的にやべー(負の方向にいっちゃう)って意味かもしれないし。

あと、宣伝ポスタの時から思ってたけど、カノンが真矢と並んでヒロインポジションなことに驚きと不安を隠せない。
今のところ一真矢よりもカノン→一騎描写推しがすごくて、死亡フラグもしくは何かしらの損な役回りがあるフラグいしか思えない。というか、劇場版時点で設定ガン無視だと思われていた総士→真矢フラグが復活して、驚きを禁じ得ない。
真矢ちゃんなんか大人になったなー。ふー! 昔と性格ちょっと違う。お姉さん系になってふー! って気分になる(謎)
真矢さまたまらんです。2話の戦闘シーンも最高でした!

いいぞ。最終的に一真矢に幸せになって欲しいが、その間に、すれ違いまくりの総真矢と天然たらしこんでる一カノを思う存分満喫し隊。そして一真矢もください(わがまま)

2話良かった。はぁ。ニコニコでUPされたらもう一回見よう。
というか、カノン可愛いのに、19歳一騎さんが麗しすぎて、困る。カノン可愛ぃい→一カノ可愛いぃいい→あっだめだ一番かわいいの一騎だorz
19歳一騎さん顔可愛いし、雰囲気落ち着いてるし、体格も大人で、文句つけようもないぐらい魅力的なんですけど。
昔見たヴィジュアルは、長髪えーだったのに、いざアニメ見ると、なんかもう文句言えない。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。