某ゲーム(LD1)感想まとめ暫定版。

 あー、ここ放置していましたが、今までやった事もないジャンルの某ゲームは、とっくの昔にイヴァンベストルートで100%になればフルコンプになるまで終えてます。しかし、下の記事間違ってたな。寸止めイベントと勘違いしてるし。

 課題あるから時間取れるときにゆっくりベスト見るつもりなのでとりあえず、暫定版として感想いってみようか。

 まずは、面白かったです。(もはや恒例だな)

 私、ギャルゲーは昔からやってましたが美少女エロゲは、ついこないだ「俺つば」が初プレイでした。
でもこっちのジャンルは全くやったこともないしよく知らないです。
我ながら何で買ったのか良く分からないのですが、初プレイがこれで私は運が良いと思います。

 しかし私は「俺つば」に続いて、登場人物が下品な言葉連発するゲームを買ったものだ。このゲーム、スラング連発で下品だし血とかいっぱい出るし、主人公も普通に人殺したりするし、BADヒドイし。私は面白いけど、クセある作品大好きですからね。
でも基本明るい馬鹿笑い雰囲気→シリアスって感じだし(一人称主人公が明るい面白キャラなのが救われてるなぁ)面白いよ。

 たぶんこのゲームのFD以外にこの手のジャンルはもう買わないと思います。
なぜかと言うと、これを面白いと思ったのは、純粋にストーリーが面白い&恋愛感情に加えてそれ以外の感情が多分に含まれているからであって、そうなると私はやっぱり恋愛感情<友情&それ以外の陽性の感情を重視してしまってるんだなぁと痛感したからです。だから私は、一般的なこのジャンルのゲーム主旨とは絶対に趣味が合致しないと思うからです。美少女ゲームは可愛い女の子を愛でたいからイイのよ。

 でもやっぱり、恋愛感情以外の感情がいっぱいのおかげで、このジャンル初心者でも感情移入しやすかったし、心理的に受け入れやすかったなぁ。

 「テーマ」

 このゲームのテーマはオズの魔法使い(BYルキーノルートのボス発言)
ベルナルドルートでも言ってましたが、攻略キャラのCR5幹部の四人は、それぞれ能力はあるけど問題(心の傷)を抱えていて、その「足りない部分を補う」のが主人公の役割と言う流れ。

 ですからどのルートもさかんに「二人じゃないとダメ」みたいな発言があり、そこら辺がこじれるとBADEDに行っちゃったりするんですね。そうなると、ジュリオルートの引っ掛け選択肢も納得か?

 ルキーノは「相棒」ジュリオは「コンビ」イヴァンが「ダチ」と作中で表記されてましたけど、ベルナルドだけその辺のパートナー発言がないのは不思議ですね。まぁ、昔なじみで初期で一番仲いい相手だから今更なのかもしれませんが。

 そんな訳で相手とのパートナー関係が恋愛以前にあるのがこのゲームのミソだと思います。

 もう一つ美味しいのは、主人公と攻略キャラ間だけでなく、「(メインキャラ)5人いなきゃだめ」って部分も作中で強調されてるのが友情的に嬉しいところ。
ゲームでは考えが対立してるキャラや仲間を信じないキャラがいるので、二人のパートナー関係を描きつつ、バックボーンで主人公が他の四人の仲の接着剤になってもいるシーンがチラチラ見えてきていいものです。
 そのおかげか、どのルートでもみんな良い奴です。美味しい仕事してくれます。特にルキーノ!!

 「構成」

 「監獄編」「逃亡編」(ここまで共通)「デイバン編」(個別ルート)の3部構成で、共通がさくさく終わるのに個別ルートは長いので一周目はちゃんと音声聞いてると10時間ぐらいかかります。
でもテンポ良いのでそれほど長いと感じないどころか、共通もっと長いと嬉しいとかうっかり思っちゃったりします。いやー、共通ルート、特に逃亡編は仲間達でわいわい馬鹿やってるのが楽しいので。でも2週目からを考えるとこんぐらいでちょうどいいと思います。

 ラッキー度(%)とオメルタ度(☆)と好感度(数字では見れないです)に左右されて、EDとイベント(微妙に)が変わるので攻略見ないとなかなかフルコンプが難しいらしいですね。フルコンプするとキャラごとにご褒美CGがあります。(CGは特典CDと連動してます)
どれも美味しいですが、ジュリオファンはフルコンプしたら確実に幸せになれます。

 私の場合、攻略と言うか、情報場で聞いた噂を元に1週目(ラッキー高と好感度高とオメルタキャラ適合値)で選択肢BADとベストED、2週目(ラッキー低と好感度低とオメルタ放置)でイベント差分と残りBADとノーマルEDでフルコンプしたので、そんなに難しくなかったです。
 あ、情報(ヒント)聞いていたとはいえ、イヴァン以外は普通に1週目でベストEDに行けたのは、運がいいのでしょうか。特に選択肢やり直さずにベストいけたからなぁ。

 「デイバン編」個別ルートは、それぞれのキャラにスポットを当てつつ、キャラによって色んな抗争シーンが見れます。
1つのルートで、○○にスポット当ててるから他の事情はしょってしまう。ここの事情は? と思って次のルートに行くと、○○については描いてない代わりに、? と思っていた事情の一つにスポットが当てられている。となっているので、4つ見てようやく事情が分かります。ただ、明かされなくてもまぁ良いとは思えるぐらいに後味悪いものじゃない未回収の伏線が何個かあるので、FDプリーズです。
 
 疑問たち→「20年前のボスがやった幹部粛清と主人公の両親殺害とは関係あるのか? とか、主人公はボスの息子でOKの確証とか。監獄編でルキーノが言ってた内容が違うらしい幹部宛の手紙には何が書いてあったのかとか。ボンドーネを取り逃がしたのは次回作の伏線ですか? バクシーが生きてるのも伏線ですか? コミコミのバクシーの特典CDは新たな伏線を残したらしいって本当ですか?

 ついでにマンセーもどうかと思うので不満たち→誤字脱字多いから文章校正もっとちゃんとしようぜ。(「~をを」はまだ良いとして「通りの○○の通り」はどこのへっぽこ文章家かと吹いた)背景使い回し多いぞ。同じ音声二回と台詞音なしがあるぞ! システムは私気にしない派だけど、BGMは2だとBGM聞えないし、3だと小さい音声が聞えないから、2,5くれ。というか、特に主人公のシリアスとかの低い声が小さくてせっかく良い声なのに聞えないです。

 あとパロディネタ多いので探すといいよ。クソミソテクニックとか、ドラえもんとかマザーグースとか分かると笑えます。クリムゾンコミックネタを読み返したいのにどこだか分からないよママン。

 「個人的感想」(客観評価のつもりが主観評価がにじみ出た感想)



 そうですね。イヴァンベストやってないとは言え、多少変更するかもしれませんが、私的ランキング。

「好きなキャラ」ベルナルド=ジャン>ルキーノ>イヴァン>ジュリオ

 入れなかったけど、ボスとバクシーもラグトリフも好きです。
ルートプレイ中と後は、30過ぎたダメなおじさんが好きすぎて困りました。でも主人公入れ忘れて、どうしようと思い、主人公いなきゃこのゲーム成り立たないとか色々考えてた結果、同率。
ルキーノは普通にいい男でした。でもルート外の方がよりかっこよくて好きです。
イヴァンはツンデレアホ可愛いって最強だと思うんだ。ちょっとルキーノと悩んだからまぁ、実を言うとどっこいどっこい。ジュリオは可愛いと思うが、たぶん私は主人公の洒落っ気たっぷりの面白ネタ会話が大好きなのでそれを生かしてくれるキャラがより好きだからだと思います。

 でもコンビだったらイヴァ&主人公>ベル&主人公以下略となり、上のランキングのベルとジャン個体すら超えるかもしれないぐらい好きなんだ。

「好きルート」共通=イヴァン>>超えられない壁>>ベルナルド>ルキーノ>>ジュリオ

 超えられない壁(笑)全部やった後、振り返ると一番面白かったのは共通ルートだったんじゃないかと思ってしまった。実を言うと好きキャラというか、幹部5人でわいわい>キャラ個体、だったと気付いた今日この頃。ルート入らないで、みんなであのノリでぎゃーぎゃー楽しく戯れながらボスになってお仕事する隠しルートが欲しいという意見に一票入れたい。……うん。邪道でごめん。

 イヴァンルートは「友情」と「燃え」と「笑い」を併せた一番ストーリーが面白い話なので、なんで一番最初にやっちゃったんだと小一時間自分に問いたいぐらい面白かった。しかもベストエンドは「純愛」なんだぜ! 何だコレ、最強だろ……。
 私、このルートのすごいのは攻略キャラと主人公両方かっこいいって点にあると思う。見せ場ってバランス取るの難しくて、キャラ設定がそうだからかベルルートみたいに攻略キャラが最後以外見せ場なかったり、逆にジュリオルートは設定ミスなのかバランス取れなくて主人公見てるだけやることなーい! みたいに陥りがちで主人公と攻略キャラは、どっちかがどっちかに見せ場食われる方が多いのに、この二人は二人ともかっこいいし可愛いし、それ故に一番対等で一番心打たれるコンビでした。
 何より話が面白くてその後の他ルートが若干かすむ(笑)

 ベルナルドルートは、世間では賛否両論でダメなおっさんがうだうだしている話なのですが、いやいやこのルートは贔屓目もあるかもしれませんが、面白いじゃないですか! と思うお話でした。
 ネタバレになるので詳しく言いませんが、ベルナルドさんは、本当にダメおやじ(BY主人公)でした。いや、フォローしとくがまだ31歳で若いです。問題発言多いし、終盤にとんでもないことやらかすし、なのに行動が不可解でプレイヤーが「こいつ分からん」言われていますが、彼に対して分かる! 分かるよ! と思っちゃうう私はダメ人間かもしれません。
 機械オタクで、機械と違って人間は面倒とか発言するし、過去にトラウマあるので、元々人間に対して冷たくて不信感のある人間であるのは察せられるので、彼女に関してはおそらく、そうなればいいな~ぐらいで行動してたと思います。「やりたくないけどできちゃう、やらないといけない」と言う、矛盾の人なのが人間臭くてまた涙をそそるなぁ。
 勿論、非難されるぐらいひどいことしてるけど、お互い打算っぽいからね。それ以上に、BAD数の多さと前髪ハゲると言われるぐらい日頃苦労してるからそれで相殺してあげて下さい。

 たぶんベルナルドルートは「本当にダメなおやじッ!」
→「だがそれが良い!」
→「優柔不断すぎる! ふざけるな!」
 
 で評価が分かれると思うんだ。勿論私は「だがそれがいい!!!」
でもね。他ルートがドンパチ担当なのに対して、唯一頭脳戦担当のルートで、ドンパチ燃えには敵わない割りに中々為替市場シーンは燃えるし、主人公との頭の回転良い(気心の知れた)者同士のウィットとユーモア富んだ会話シーンは純粋に楽しくて評価したいところ。
 贔屓目ありすぎる良い訳すると、ベストエンドではしゃぎまくって愛の告白を叫びまくる30男を見るともうたまらなくって何でも許せちゃうんですが!

 ルキーノルートは、普段いい男でももちろん弱い部分はあるものだなぁと言うルート。バクシーが一杯出るよ! あと変態担当だよ! 
 ルキーノルートは、考え方が正反対なイヴァンルートと対になるように構成されているので、イヴァンルートやった後にやるとどうしても燃えって点で辛口になっちゃうのが残念でした。明らかにプレイ順を間違えた私。先にこっちやってたら手放しに面白いって言えた。
ルキーノ→イヴァンが賢明なルートですね。
その分、一番主人公が恋愛してるルート。まぁ、私は興味ないのですが(おいおい)それでも相変わらず最中でも面白いことを言うのを忘れない主人公は好きです。
うん。ルキーノルートはイヴァンルートのナイスルキーノっぷりを見たあとだったので、惚れるのに違和感ないぐらいいい男だからそれなりに納得はできます。
この人は「後悔してないから謝らない」とか、豪快だけどまっすぐで信念あるところが好きです。思想がイヴァンと正反対だけど、どちらもどちらで信念あってそれぞれいいなぁと2つを比較して思いました。
 あと奇声を上げるバクシーいっぱいで楽しいです。なんでBADで彼EDナイノー?

 ジュリオルートは、ごめん。辛口出るよ。でもサイヤ人並みの戦闘能力を持った可愛いくて可哀相なヤンデレ忠犬乙女ワンコの飼い主になりたい人はもれなくノックアウトされるルートだよ。うん。ジュリオは可愛いと思うけど、ルート内容が私の趣味じゃなかっただけです。
 あのね。このルート、終盤主人公やることなくてほぼ見てるだけってのがどうもいただけない。なまじ他のルート頑張ってる分、このルートだけ何かやった気になれないのがつらい。
精神的支えってのは分かるし、テーマもジュリオのキャラも魅力的だったと思うけど、どうしても何か燃えるシーンがなくて楽しめなかったです。しかもジュリオ強すぎ。他のルートはピンチあるから燃えて楽しいのに、ジュリオ強いのはいいけど、もうちょっとレベル下げて欲しい。バクシーも同等かと思いきやジュリオの方が圧倒してませんでした? あそこせめて同等かもっと苦戦するレベルで良いと思うんだけど。まぁ、ここら辺色々ですね。ジュリオスキーは楽しいと思うのでまぁ、こういう意見もあると受け流してください。どちらかと言うと、頭悪そうに見えてうっかりひっかりそうになるバクシーの策の頭のよさに惚れる(笑)
あと、このルートは主人公の面白掛け合い漫才聞けないのが残念なんですよね……。


 そんな訳でした。やっぱ、ベル→ルキ→ジュリ→イヴァってルート順がオススメ。個人的にベルルートが最後でもいいと思う。「だからみんな惹かれる~云々」の会話と唯一主人公が自分の目指すべきボスの方向を手に入れるシーンがあるから。ラストでストンっと納得できそう。でも賛否両論のルートだからその辺嗜好で注意。

 最後にちょこっと主人公語り。主人公は「運が良い」って設定ですが、これが偶然とか天然の部分もあるけど、基本的にそれ以外の部分が多いのが良かった。
主人公は頭の回転が良い人なんで、ちゃんとそこでフラグが立つかどうかは考えて動いてる。
で、最終的にやることはやって、後はほんの少し運にかけるってスタンスなんで、そんなに嫌味じゃなかったです。だから偶然の運が何個かあっても許せるのは良かったなぁと。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索