古書店街の橋姫 感想

「古書店街の橋姫」ポップオカルトな大正ミステリー(有料同人・18禁BL)

<あらすじ>大正十一年六月 梅雨の神保。2年前に幼馴染たちと帝大に上京した主人公・玉森。
二人の幼馴染は帝大生として生活しているが、浪人2年目森は勉強もろくにせずに、怪奇幻想小説を書くことに夢中になり、店主に拾われた古書店の店員としてだらしない生活を送っていた。ところがある日、幼馴染の一人が死んだ。
混乱する中、街には自分の書いた小説に出てくる怪人にそっくりな人間の噂が流れていた。そして、玉森はその怪人に追いかけられた弾みに水たまりに足を取られて3日前の世界へと戻っていた。繰り返される死。繰り返されるループ。現実と妄想が交じり合う怪奇幻想の物語。


2016年発売に面白い! と、とっても話題になっていた橋姫。やっとプレイできました。めちゃくちゃ面白かったです。
攻略対象は5人(4人+1人が正確かな)で主人公受です。

ループもの×大正時代×怪奇幻想小説
ってずるいですよね。そりゃあ舞台設定から面白いですよ。ここでループ(プレイすると正確にはループではない)ものを、ガチSFだったり、和風伝奇ファンタジーと掛け算したら王道ですが、あえてうさんくさい空想科学や怪人が蔓延る幻想怪奇な世界で文壇を彩っている大正時代を掛け合わせたセンスがGJ!

おまけに主人公に妄想癖があって、現実と空想がよくごっちゃになってしまう設定と重要なファクターとして「ドグラ・マグラ」(夢野久作)が出てくるあたりで、こいつは「奇書」として読むべきだな! 察します。実際に公式で「奇書と幻覚のBLG」ってありますから。

そんな胡散臭い物語ですが、世界観、シナリオ、文体共にとっても良かった。
OPとEDもついて、フルボイスのネット声優さんもつけてて(メインとか特にキャラに合ってよかったですね。川瀬と蛙男が特に好き)、CGボリュームも十分あるし、総プレイ時間もフルプライスゲームぐらいある。
納得の世間の評価。確かに商業で売っても良いクオリティーでした。

唯一、難点を言うと「構成」は変えてもよかったと思います。
まず1週目は強制的に「水上ルート」(ループを繰り返す切っ掛けになる死んでしまう幼馴染)なんですが、そのあと「川瀬」→「花澤」→「博士」→「???」と固定なんですね。周回すると選択肢が出るシステム。
これがなぁ。「水上ルート」はどう考えても1週目である必要があるんですが、あとは別に固定でなくてよかったと思います。この構成だと「???」が真相ルートだと誤解されちゃうので。あと、公式の解釈見てると各ルートでもED分岐してもよかったと思います。
せめて水上ルートだけでも複数欲しい。水上ってポジションとして正ヒロインなんですよね。水上ルートは物語の根源としてもっと特別扱いしてよかったと思います。
→副読本読んでいろいろ分かった。容量の関係でED分岐できなかったせいだった。これさえあれば、この順番で問題なかった。うん。

ネタバレなしでざっくり各ルート感想。

<水上ルート>
ループ繰り返しては死んでしまう幼馴染。謎が謎を呼び、少しずつ隠された真相や思惑が明かされていき、設定のジェットコースターだった。実は、気が付いたら終わっていた感が強い。だから水上ルートは第二エンドあるかなーって期待してたらなかったんですよね。物語自体は、ドキドキワクワクできてとっても面白かったですが、序章のイメージついてしまうんだなぁ。
→水上は自ルート終わってからが本番、次の川瀬ルートで水上×玉森がいかにこのゲームの主軸かが分かり、他ルートで圧倒的正ヒロインであることをプレイヤーと他攻略キャラに見せつけ(※玉森はそのルートの攻略キャラが一番なのでちゃんとバランスとれてる)、副読本とQ&Aで開示される設定・裏情報でとどめさしてくる。橋姫は、全編通して水上×玉森の恋愛の物語。ただし、他キャラもちゃんと大事にされてる。場合によっては、水上の方が損してたりする。水上の設定、絶対にドツボで沼なタイプ人いるだろうから、性癖な人にプレイして欲しい。

<川瀬ルート>
水上が、物語>恋愛なルートだったので、川瀬ルートのテーマが「愛と友情」だったことに顎を外れんばかりに驚いた。皮肉屋で潔癖症で性格の悪い川瀬。愛は分かるのに愛を知らない川瀬と、愛を知っているのに愛が何か分からない玉森による「愛」の物語。という、めちゃくちゃ文学的でロマンチックなルートなので本当にこのキャラにこのテーマあてがった作者はセンスありすぎる。
いろいろ言うとネタバレになりますが、私は川瀬がめちゃくちゃ愛しいし幸せになってほしい。この人はかわいそうだし。とってもかわいい人だと思う。本当に、すっごく丁寧に玉森と川瀬が相手にどう「愛」を傾けていったか書いてて、このルート大好きなんです。

<花澤ルート>
なんで花澤ルートこんな雑に書いたんですか? って聞きたいぐらいあんまり中身ないルート。
もっと掘り下げることができたと思うけどなぁ。
寡黙で真面目厳格な軍人・花澤。設定や他ルート後日談の素の彼を見ると可愛い人なんですが、いかんせん超絶不器用でどうしようもない阿呆で、いろいろやらかす。うーむ。
このルート読んで利点があるといえば、酔った川瀬が見れることと、博士の好感度がぐっと上がることぐらいですかね。
→副読本と文学朗読CD見て考えが変わりました。雑に見えたのは、花澤の性格の問題だった。あと、ここはED後がすごく良い。
特に文学朗読CD最高なのでみんな聞いて!! 終わった後に評価変わるから。

<博士ルート>
玉森の勤めてる書店の常連客。かなりの変人。玉森の小説のファン。
花澤ルートで好感度上げといて博士ルートに行くのは、良い判断だったと思います。私、花澤ルートまであんまりこの人好きじゃなかったし。で、博士ルートなんですがこれがめちゃくちゃ面白い! 一番好きなのは川瀬ルート。一番面白かった(こういうシナリオ内容が)のは博士ルートなんです。博士は上3人と違い主人公の幼馴染ではないキャラ。この人のルートどうなるかなと思っていたら、こうきたか!! という内容でした。ルートを終えると、博士と水上のかなりの相似性に気づきます。まさに水上が正ヒロインであり、そしてここまで相似していながら本流とまったくかけ離れた裏ルートへ進んだ博士こそこの物語の裏ヒロインだとわかるのです。なんというか、一番うらやましい目にあってるのってもしかして博士なのかもしれない。

<???>
どちらかというと世間的にBADエンドに思われそうな。ゲームの趣旨としては、こういうエンドあるのは必然。ただ、これを真相ルートと誤解しちゃう構成はちょっとなーと(HPに解説あり)思いました。

「玉森とその他キャラについて」
主人公の玉森は、すっごく共感できるキャラとして描いていましたね。
凡人で、小市民的な常識と、自己愛とプライドをもって生きている。そして、色んな意味で莫迦である。あと、オムレツライスとカルスピをこよなく愛している。
子供のころから現実世界に空想を見てしまい、変人扱いされながら自分の怪奇幻想的な妄想を小説に書いていた。
うさんくさい善良要素は一切なくて、ありふれた妄想世界で楽しく生きて強がっているただの凡人である。
それが、ループを繰り返すうちに隠された多くの真実を知り、ただいつも通りの日常に戻りたいと逃避していただけの玉森が本当に欲しいものは何かを気づき、自分の確固たる意志で行動するようになるのが古書店街の橋姫の物語なのです。
玉森は等身大のありふれた人物感がとっても良かった。殺人鬼に会えば斬られた友人を見捨てて恐怖ですぐ逃げ出してしまう。
そして、家庭環境から愛とは欲望としか解釈できない、人を恋愛感情で好きになる気持ちが分からない人。
それが、ループ世界の中で成長してそれぞれのルートで自分の全力で攻略対象を救ってあげたい、幸せにしてあげたいと思うようになるので、そりゃあたいがいのプレイヤーは好きになれると思います。攻略系の主人公の鑑だね。
あと、博士ルートの玉森がガチのツンデレで襲い受けなので、ツボな人はツボだと思う。私は、結構ツボです。
博士ルートの玉森ってちょっと川瀬っぽくて皮肉だよね(※川瀬は博士が死ぬほど嫌い)

他のキャラについてですが、サブキャラだと砂山、蛙男、治司くんが好きですかね。
砂山さんはあるルートのあれで主人公が「好みだ」と言って、「そんな気がした……」ってなったな。砂山さんまじ聖母。
蛙男は声が可愛い!
久治くんは、だんだん玉森と仲良くなってく感じとか水上ルートの彼とか川瀬ルートの彼とか好きになるよ。特に川瀬ルートめちゃくちゃ良い仕事してくれた。


<以下、とりとめもないネタバレ感想(主に川瀬)>



川瀬切ないにもほどがあるでしょ。だって川瀬ルートの店主は川瀬が自分のこと好きだってわかってるんだよ。
それでいて、水上ルートの店主は「過去の自分が水上を好きになってくれてちょっとうれしい」と思ってて、川瀬ルートだと「絶対に認めない」って判断するとかあんまりじゃないですか(HPのQ&A参照)気持ちは分かるけどさ。

しかも川瀬が玉森を殺そうとしていたから、水上が橋姫の力で過去の玉森を止めて玉森が橋姫に憑かれちゃったんだもんな。
そりゃあ、川瀬は水上と玉森が結ばれて自分は死ぬべきって思うよ。
それに、花澤の父を殺す前に自分の父親を殺さなくちゃって思うよな。川瀬があまりに薄幸すぎるだろう。

それにしても、めっちゃ不用意に触ってる描写あるのに、玉森にだけ触れると、川瀬に告白されるまでなぜ気づかない玉森!
子供のころの思い出で、手を引いて走り出した川瀬の記憶あたりで「あれ、潔癖症なはずなのにめちゃくちゃ触ってた……」ってなるよ。

川瀬ルートは、「愛」がテーマなのに結局「愛なんて分からん!」ってなる玉森に「(川瀬に対するもろもろ全部)それが愛だよ!」って川瀬とともに盛大に脱力突っ込みして終わるのが笑える。
で、博士ルートでだけ玉森が「愛が何か」を分かっちゃうんだもんな。そりゃあ川瀬が博士嫌いなの分かる。運命的に博士のこと嫌いだよ川瀬。
博士は、水上とすごく設定が似てるんですよね。橋姫に憑かれたことがあり、川森の幻想物語を愛し、そして最後の最後にどんな運命でも玉森に恋をしてしまう明かされる。だから玉森(店主)が愛している人である水上とポジションをとって代わっても、すごくしっくり来てしまう。

<以下、ツイッターの載せたり他に使った感想まとめ>

これを機に「ドグラ・マグラ」も読んだのですが、こんなことを考えました。
橋姫は晴れている間は寝ていますが、彼女は夢を見るのかが気になりました。
もし夢を見ているとするならば、それは平行世界に存在している自分が起きている世界ではないでしょうか。
橋姫がその能力から空間も時間も超越してるなら、このゲームの分岐は橋姫が見る夢でウロボロスの輪なのでは?
プレイヤーはゲームを終えると5つのルートの平行世界の記憶を持っています。
副読本の解説を読むと選択肢分岐は橋姫が行っているように読み取れます。。
プレイヤー=橋姫が示唆されているので、橋姫は平行世界の記憶があるのだと思いました。
なので、ゲーム本編は橋姫が見る夢で、それは過去の現実であり未来の現実であり今起こる現実だと面白いなと思ってしまいました。

水上と水上√は、最初は怒涛の情報ラッシュで脳内クラッシュしていたので「???」なんで水上は自殺をやめたんだとか、恋愛描写がイマイチ伝わりにくいなとか思ってしまい。
面白かったのですが、不完全燃焼でいたので、のちに水上は自ルートが終わってからが凄いと気づかされました。
なんのことはない橋姫本編は「ただ好きな人の願いを叶えてやりたい」という相手を思っての皮を被ったエゴで動いていた水上と店主(玉森)が暴れまわっていたとんだ迷惑な悲恋CPのお話でした。
他√もQ&Aも圧倒的な、水上の正ヒロインっぷり攻撃にはまいりました。
自分√以降こそが二人の間の濃厚な恋愛描写にひれ伏しました。
水上√はある意味橋姫のゲーム全ての内容がそうなんだなと思っちゃいます。

橋姫はメインキャラは、だいたい倫理観がないですが、川瀬は本当にまともだなとつくづく思います。
普通の人間がああいった虐待をされて、普通の人間の予想範囲内で性格が歪んでいる。
川瀬は、一般的な思考の読者に共感されやすいキャラクターとしてその悲哀に満ちた人生が描かれていました。
そういうところが、作中でもプレイヤーからも魅力的で愛さずにはいられない人物になっているのかなと思います。

子供時代の川瀬が玉森に対して「キレイだから汚したい」と思ったり「殺そう」と思うのは、一見ぶっそうに見えますが、彼が父親の道具として今まで何に対して心を動かさなかったと考えるとそれほど変ではないんですよね。
子供が好奇心で虫を殺すのと一緒。はじめて生まれ、そして生涯唯一だったのが玉森に対する好奇心(欲望)だっただけなんでしょうね。
逆に、玉森がボロボロの川瀬を「泥中の蓮」に例えた方が幼少時から倫理観なさ過ぎて吹いちゃいました。
綺麗だから汚したい相手から、汚れてるから美しいと思われてると知ったらどう思うんだろうと、この対比の皮肉さがたまらないです。
作中の玉森の川瀬の魅力評が私と同意見過ぎて、自分で何も言えなくなりましたが、玉森の感性は文芸畑(オタクと言い換えても良い)の人間だなぁ。普通じゃないなとも思いました。

川瀬√でもう一つ気になったのは、川瀬√はジャンヴァルジャンの人生に似ているなと思ったこと。
作中で治司くんが涙香の「噫無情」の話をします。川瀬のモデルは副読本に書いてありましたが、川瀬ルートは噫無情も意識して書いたのかなと思いました。
私はレ・ミゼラブルが大好きなので、川瀬√がめちゃくちゃ大好きな理由はこれだ! と思ったのですが考えすぎですかね。
ただ、ジャンヴァルジャンは司祭に罪を見逃されることで、最終的に子供たち(コゼットとマリユス)の未来を救う存在になる。
この構図がそのまま、ジャンヴァルジャン=川瀬、司祭=玉森、コゼット=加東に当てはまるように見えました。

それと共通ルートで川瀬が「幽霊塔」の原作を読んでいて、どうして涙香は原作者の名前を隠したのかという話になりますよね。
玉森は「自分のものにしたかったから」 と答えて、ここで川瀬は黙り混んでいます。
ここ涙香の気持ちに川瀬は共感してたからと受け取りました。。
で「私はますます健気な涙香が好きだ」と玉森は答えるんですけど、これって川瀬の気持ちの暗喩描写だったのかなと思いました。
自分のものにしてしまいだけなら、世に出さなければ良い。でも愛してるから光の下で多くの人に見てほしい。
そういう気持ちを「健気だ」という玉森は、これもまた意図的ではないのですが暗喩で自分を思う川瀬のことも「健気だ」と称してるに等しいと思いました。

カオル√で玉森が川瀬の虚像を作るために涙香を持ち出します。
その作品がモデルであり作中で彼自身が本を渡してくる「婦系図」の作者である泉鏡花ではなくどうして涙香なのかなと思ったのですが、こうやって振り返ると川瀬はだから涙香なんだなと気もしてきました。

博士√は幼馴染視点で見るとまさにブラックジョークそのものなんですよね。
想い人である水上√でもなく、丁寧に「愛」について描かれた川瀬√でもなく、出会ったばかりの博士にだけ、「愛が分からない」と言い続けた玉森が人を好きになる気持ちを自覚して自主的に愛そうとしてるんです。
この不条理さがたまらないです。博士のポジションを考えるとつくづくバランサーとして絶妙に創られていて素晴らしいと思いました。
博士√だけ戦争も地震もないでたらめな平和で幼馴染も仲良しハッピーエンド。一見「なんでやねん!」と突っ込みたくなるんですが、よく考えるととても妥当。
例えば幼馴染の誰かがみんな仲良しEDだったらプレイヤーは「これを正史にしよう!」と真面目顔で言い出すことでしょう。
ところが、とんでも空想科学なとんでもハッピーエンドを迎えたぽっと出の男なら「これを正史にしよう!(笑)」にしかなりません。
博士の圧倒的不利なポジションだから生まれたEDだなと噛み締めちゃいます。

玉森がなぜ自分のことが好きなのか博士に聞いたとき、その答えが「思い続けたら玉森しか見えなくなった」だったのが膝を叩きたくなりました。
この台詞から命を助けられたという特別理由があろうがなかろうが、博士は「運命」と言うんだと気づきます。
そして、水上と博士がとても共通点の多いことに気づくのです。
同じく橋姫を奉る家系に生まれた酒屋の跡取りで、本を愛し、玉森の物語を愛している。そして玉森との関係が「運命」
水上の正当な理由から生まれる運命的な関係に対して、理由がないけど運命って言い続けたら運命になった博士の情熱とその対比にひれ伏したくなりました。
玉森が水上ではなく博士を選ぶことにすごく納得しましたね。水上という正ヒロインに対して博士という裏ヒロインがそのポジションを成り代わるのに不自然さはまったくないなと。

ちなみに失明博士が可哀そうという感想をよくお見掛けしますが、私は可哀そうとは思いませんでした。
博士は並行世界の存在を知っていて、玉森のことだって替えの利かない一人とは思ってなかったからです。
つまり、博士は玉森にこうやってアピール尽くし続ければ、どこかの世界の自分が玉森の一番になれるはず! と信じて科学者らしい思考回路で行動していたと思うのです。
努力家だと思いますが、可哀そうだと思いませんでした。むしろ、玉森が同族嫌悪的に博士を嫌っている描写があるように、打算的な悪い部分が似た者同士でお似合いだなと思います。

文学朗読CDを聞いて、玉森がいかに個性的かが伝わってきました。
声が聞こえないのに、どんなことを言っているのか声が聞こえてきそうなぐらい存在感がある!
玉森は、最初はダメ人間なところが共感しやすくて、良いキャラだなーぐらいの好感度でしたが、第三者視点で見ると本当に彼は個性的で目が離せなくなる。攻略キャラが夢中になる気持ちがよーくわかりました。
玉森は滅亡する世界を救う引き換えに、自分の好きな人を差し出せと言われたら、速攻怒鳴りつけて「そんな世界滅んでしまえ!」とか言いそうな社会正義のなさとかが特に好きです。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索