スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同期読みてぇえ。その前に疑心読みたい。

 「マークスの山」は結構前に読了。終わらせ方もいい感じで終わって、私はとっても面白かった。
でもハードカバーの方が面白いと小耳に挟んだりも。次の「照柿」も借りてきました。こっちは学校の図書館にあったハードカバー。
予想外に三角関係ドロドロ話~? つーか、ぱらぱらって見て思ったのは、合田さんって……ぶっとんだ人だなぁ。
あとこの人、「あいだ」って読むんだと思ってた。「ごうだ」だった。

 佐々木譲「笑う警官」も今読了。まぁそれなりに面白かったけど、こーイマイチさー、小説として面白かったぜ! って気分にはならなかったかな。いい意味でも悪い意味でも「エンタメ」って感じの話で。エンタメ的に楽しめたって話だった。もう一個の大久保君だか久保君だかのシリーズの「制服警官」の方が私の好みかもしれん。
私は地味で雰囲気ある方が好みだから。

 ところでコレ読んでると無性に今野さん作品が読みたくなります。何でだろう、妙な中毒性があるぞ今野さん。
あの作品全体に貫かれているクリーンな雰囲気が癒しなのだろうか今野さん。

 笑う警官で面白かったのは「みんな金にがめつい!」ってところ。
まず、安田さんが、無実の警官を助けるために秘密の捜査本部立ててると、場所提供してくれるバーのマスターがコーヒー代をきっちりとろうとする。>こういうとき、コーヒー代サービスしてくれるのが王道つーか、人情だろう。

 それをスルーしても、百合が文房具代について「お金あまりない」とか言うし! >人の命懸かってるときに、文房具代ぐらいケチケチするなよ! つーか、あんなきっちりした35歳の女が貯金していないわけが無い! たとえ離婚しててもこっちが慰謝料払うような問題もありそうもないし、2万ぐらい下ろせ! 植村のタクシー代4千超えるとか文句言うし。植村はともかくみんなケチケチしすぎだって。

 ってことで、みんな妙に現実的でした。人の命より自分の金! つーか、津久井ももっとデキル男だと思い込んでいたが、まぬけっぽい奴だったな。佐伯さんは冷静でめちゃくちゃ頭回る人でした。でもやっぱり頭固い点もあった。

 次は「照柿」かなぁ。その前に古本屋で「同期」探そうかなぁ。連絡きたから「儚い羊たちの祝宴」借りにいかなきゃ。麻耶さんでもいいかな。麻耶さん読みたい。
スポンサーサイト

theme : 読書感想
genre : 本・雑誌

Secret

プロフィール

hawa

Author:hawa
二次元小説は男女(女男)CPかnotCPの健全ものです。
無断転載禁止。版権元、原作者とは一切関係がありません。
感想、コメントは歓迎。お返事します。※ただしお返事はあまりはやくないこともありますのでご了承ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。